« ロビーニョは移籍しない | Main | ブラジルの人種差別 その3 アルゼンチン選手釈放 »

sexta-feira, 15 de abril de 2005

ブラジルの人種差別 その2 アルゼンチン選手拘留中

4月13日に、
サッカーの試合中に「人種差別」発言をしたということで逮捕された
アルゼンチン選手はいまだ拘留中である。」

本日、4月15日朝に弁護士が保釈保証金として
1万レアル(40万円相当)を支払ったいうことで、
まもなく保釈という運びである。

しかし、ブラジルから出ることが出来るかどうかは判らない。
明日土曜日には、出国という報道もある。

選手は、モルンビー競技場を管轄とする
ヴィラ・ソニアの35分署から、昨日にうちに
カーザ・ベルヂにある13分署に移送されている。

こちらの方が、環境がよいからという。
しかし本人は出されるものには、手を出しておらず。

弁護士差し入れのサンドウィッチを食べているという。

一方、この選手の所属するキルメスは、まだサンパウロに
滞在している。
今夜の飛行機で戻る予定だが、
無用な混乱を避けるためにVIP待遇を、領事館を通じて
手配しているという。

さて、発端となった「人種差別」暴言の瞬間の映像がある。

spd20050415a

右の選手が、その逮捕された選手である。
動画であれば、口の動きから、何を言っているのか判るのであるが、
静止画で提供する。

真ん中の選手がサンパウロFCのグラフィティ選手である。
この後、上げた両腕のうち、左手でこのアルゼンチン選手の額をつついて、
転倒させた。

そして、グラフィティ選手と、左側にわずか見えるアルゼンチン選手が
退場となった。

元々は、この二人の接触から始まった揉め事であったのである。
グラフィティ選手は、「何もしていないよ。何もしないよ。」ということを示すために、
両腕を上げているのである。

|

« ロビーニョは移籍しない | Main | ブラジルの人種差別 その3 アルゼンチン選手釈放 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの人種差別 その2 アルゼンチン選手拘留中:

« ロビーニョは移籍しない | Main | ブラジルの人種差別 その3 アルゼンチン選手釈放 »