« コリンチャンス引き分ける | Main | カロリーニとナタリア その3 »

domingo, 10 de abril de 2005

犬の市

ブラジル・サンパウロでは、飼い犬はどうやって手に入れるのか。

たいていの人が飼っている雑種で有れば、
わずかなお金を上げれば、貰える。
防犯上、犬は必要なので、
こういった形で犬を手に入れる人が多い。
雑種でも「犬が生まれた」と近所に広めておけば、
結構貰ってくる人がいるようだ。

純血種で有れば、もう少し慎重になる。
ペットショップがどこにでもあるので、
そこでももちろん買えるが、
価格は割高であるし、どういう素性の犬なのか判らない。

プリーダーは、だいたいサンパウロの周辺に沢山いるようだが、
なかなか伝手もないだろう。

サンパウロの西部に
ヴィラ・ロボス公園という大きな公園がある。

ここでは、毎週末に「犬の市」が開催されている。
市が公認しているプリーダーが20業者ほど集まっている。
テントの中に、生後2-3ヶ月の子犬がいる。

sp20050410a

ここで、犬をもとめることが出来るし、プリーダーと直接話をして、
よりその犬の素性を知ることが出来る。
次の繁殖の機会を知ることも出来る。

価格も、ペットショップで購入する価格の、6-7割である。

バーニース・マウンテン・ドッグは、だいたい
1700レアルから2500レアルであった。
7万円から10万円というところである。

これらの業者とは別に、車でやってきて、
駐車場で店を広げている人たちもいる。

sp20050410d


|

« コリンチャンス引き分ける | Main | カロリーニとナタリア その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3652973

Listed below are links to weblogs that reference 犬の市:

« コリンチャンス引き分ける | Main | カロリーニとナタリア その3 »