« ブラジル対グァテマラ 観客席から その2 | Main | 美術展「着色された肉体たち」 その1 »

sexta-feira, 6 de maio de 2005

ブラジルの男性司会者は肥満型

ブラジルのテレビには、ショー形式の番組が多い。

大体、公開放送で、生番組が多い。
編集がいやなのだろう。

大型スタジオで、観客もかなり多い。

そして、司会者は男性で、それも肥満型が多い。

spd20050425l

まずは、GLOBOの日曜日の”Faustao”という番組で午後出ずっぱりのこの人。
スタッフからの指示を見るときに、明らかに視線が泳ぐ。

spd20050505c

これは、TV BandeiranteのGilberto Barrosという司会者で、
平日は毎晩10時半から2時間も"Boa Noite Brasil"(こんばんはブラジル)という番組を持っている。
その上に、土曜日の午後も"Sabadasso"という番組で出ずっぱりだ。
日曜日は、さすがに休んでいる。
この身体で、意外に身が軽い。

spd20050505a

この人は、GLOBOで平日の深夜に、対談番組を持っている。
ショー番組とはちょっと違うが、バンドも入っているし、公開番組でもある。
実は、作家である。
顔は、フクロウのように見えて仕方がない。

spd20050505b

この人は、Ratinhoといって、SBVという局で、
平日の夜の8-10時頃のショー番組をやっている。
他の人に比べると、細く見えるが、なかなかの体格である。

もちろん、ほかにもショー番組があり、
それほど太っていない司会者も全くいないわけではない。

SBTのGUGUという司会者は、まだ太ってはいない。
SBTには、いずれ取り上げなければならない
御大Silvio Santosシルビオ・サントスがいる。
もう、40年以上もテレビに出ずっぱりの働く大社長である。
この人も身体に気を付けているので、むしろ痩せた。

それにしても、
肥満体は、テレビの視聴者に安らぎを与えるのであろうか。

|

« ブラジル対グァテマラ 観客席から その2 | Main | 美術展「着色された肉体たち」 その1 »

Comments

Faustaoまだやってるんですね。
シルビオ・サントスは、
ぜひ紹介して欲しいです。
カネをスタジオでばら撒きながら
登場するスタイルは、ほんとうに
ブラジルらしいな~と思いました。

ブラジルの司会者は、太っている+喋りがくどい
人が多いような気がします。

Posted by: 斉藤久典 | domingo, 8 de maio de 2005 at 00:24

>斉藤久典様
シルビオ・サントスは、連載ものにしないと、とてもとても書き切れません。
今は、出演時間が減って、寂しいです。
それにしても、ブラジルの司会者は話がくどいですね。
同じことを何回も、言いますからね。
ブラジルの番組は、大体編集が甘いです。
垂れ流し番組が多いです。

Posted by: Sao_Paulo | terça-feira, 10 de maio de 2005 at 12:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/4007110

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの男性司会者は肥満型:

« ブラジル対グァテマラ 観客席から その2 | Main | 美術展「着色された肉体たち」 その1 »