« サンパウロ州の人口 その2 人口の増減と、都市の人口 | Main | 美術展「着色された肉体たち」 その14  »

quinta-feira, 19 de maio de 2005

サンパウロ州の今年28回目の少年院の反乱

今日(5月18日)、サンパウロ市の西部にあるハッポーゾ・タバレス少年院complexo Raposo Tavares da Febem (州立未成年者福祉財団Fundação Estadual para o Bem-Estar do Menor), で「反乱」が起きた。

サンパウロ州での少年院の反乱は、今年になって28回目である。
この数は、昨年1年に起きた反乱とすでに同数になった。

暴動は、脱走の企てとともに朝5時に始まり、4時間半続いて、沈静化された。
この脱走は失敗に終わったのであるが、収容者たちは、職員4名を人質とした。

spd20050518g

反乱者が拳銃を振り回している。

spd20050518h

屋根の上に登り、人質を囲んで気勢を上げる反乱者。

解放交渉を続けたが、警察はガス弾を発射した。
その後の混乱はなかった。

警察は、反乱制圧後、38口径の拳銃1丁と携帯電話を3台回収した。
携帯電話2台は、職員のものと見られる。

一人の収容者が、足に仲間によるものと思われる銃弾を受け怪我をし、手当を受けた。
また、少なくとも一人の職員が人質となり、反乱者たちにより危害を加えられた。

この少年院には5つのブロックがあるが、そのうちの一つで反乱は起きた。
定員100名に対し、117名が収容されている。

|

« サンパウロ州の人口 その2 人口の増減と、都市の人口 | Main | 美術展「着色された肉体たち」 その14  »

Comments

反乱が起こる原因は待遇?食事?看守の態度?
多すぎるのは、少年のせいでは無いような気がします。

Posted by: のびぃ太 | quinta-feira, 19 de maio de 2005 09:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンパウロ州の今年28回目の少年院の反乱:

« サンパウロ州の人口 その2 人口の増減と、都市の人口 | Main | 美術展「着色された肉体たち」 その14  »