« ビーチ・サッカー・ワールド・カップ その6 ロマリオの勇姿 | Main | ビーチ・サッカー・ワールド・カップ その7 ロマリオが練習に »

sábado, 14 de maio de 2005

誘拐されていたサッカー選手の母親が解放された。

ブラジルでは、誘拐が多い。
特にサンパウロ州では多い。
最近よく狙われるのが、サッカー選手の家族。

現在ポルトガルのポルトに所属しているルイス・ファビアーノLuis Fabiano選手の母親サンドラ・エレーナ・クレメンチSandra Helena Clementeさん(45歳)も誘拐されていた。

昨日(5月12日)に、警察によって無事に監禁場所から解放された。
カンピーナス市の家の近くで車に押し込められて、63日目のことである。

直ちに病院に連れて行かれたが、特に異常はなかったようだ。
spd20050513i

ルイス・ファビアーノ選手は、ポルトにいるわけで、電話で喜びを語っていた。

spd20050513j

しかし、サンパウロの北90キロのカンピーナス市にあるこのアパートが戻る家だというが、ちょっとこれではまたやられそうな気がする。
身分相応のところに、早急に引っ越さないといけないのではないか。

spd20050513k

警察は、誘拐犯は少なくとも6人で、3人は名前を確認しているという。
身代金は、支払われているようではない。

昨年11月から、家族が誘拐されたサッカー選手は次の通りである。

ロビーニョRobinho (Santos),グラフィッチGrafite (São Paulo), ロジェリオRogério (Sporting)


|

« ビーチ・サッカー・ワールド・カップ その6 ロマリオの勇姿 | Main | ビーチ・サッカー・ワールド・カップ その7 ロマリオが練習に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 誘拐されていたサッカー選手の母親が解放された。:

« ビーチ・サッカー・ワールド・カップ その6 ロマリオの勇姿 | Main | ビーチ・サッカー・ワールド・カップ その7 ロマリオが練習に »