« ブラジル大統領は、韓国に滞在中。 | Main | サンパウロのブラス地区 その2 カトリック教会 »

quarta-feira, 25 de maio de 2005

リオ・デ・ジャネイロの警察は本当にご苦労さんだ。

道路を封鎖するために、勝手に設置された障害物を、ブラジルはリオ・デ・ジャネイロの警察が取り除いているというニュースが、昨日(5月23日)に放送されていた。

spd20050524b

道路に建てられた「コンクリートが中に詰められたドラム缶」を排除するには機械が必要だ。
ご丁寧に鉄骨の芯が入れているほどの頑丈さである。

これが、道幅いっぱいに何本も設置してある。
誰が何のために設置しているのか。

spd20050524c

むき出しの鉄骨は、ガスバーナーで焼き切っている。
誰が何のために設置したのか。
自動車から歩行者でも守ろうというのであろうか。

道路の先には、ファヴェーラがある。

そこには、「麻薬密売人」たちの巣があるのである。
毎日毎晩、警察と組織との銃撃戦がおこなわれている。

この道路の障害は、組織が警察の車を、ファヴェーラの中に入れないために設置した物である。

サンパウロではこのようなことがあるとは、今まで報道されたことがない。
「麻薬密売組織」との「銃撃戦」も、あまり無いようだ。

リオ・デ・ジャネイロの警察は本当にご苦労さんである。

|

« ブラジル大統領は、韓国に滞在中。 | Main | サンパウロのブラス地区 その2 カトリック教会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リオ・デ・ジャネイロの警察は本当にご苦労さんだ。:

« ブラジル大統領は、韓国に滞在中。 | Main | サンパウロのブラス地区 その2 カトリック教会 »