« サンパウロ・パカエンブー競技場 その2 | Main | ロマリオは、今週末試合に出ないかも。 »

quarta-feira, 4 de maio de 2005

サンパウロのパン屋さん その2

一番近くのパン屋さんだ。

sp20050302d

近いと言っても、坂をずっと上って300メートルはある。
ここまで、店はない。
このパン屋も、高い。

50グラムのサンパウロでの「ポンジーニョ」というフランスパンが、
1個0.30レアル(約14円)する。

美味しいには違いないのだが、
日によって、できあがりが異なる。
大きかったり、小さかったり。

この店も、かなりの高級店だ。
開店は6時半くらい。
閉店は、20時くらいだ。

パンを作って売るだけではなくて、
サンドウィッチなどをそこで食べられるようになっている。

この店はちょっと広いので、立って食べるカウンターだけではなくて、
座って食べることが出来る席が、いくつもある。
天気のいい日や、昼には、
外側の駐車スペースにも、テーブルを8つは並べる。

サンドウィッチといっても、かなり高級なもので、
10数レアルもする。
パンのサイズも大きく、中身を充実している。
1個で、満腹になる。

そういう店なので、客層も良い。

平日の昼に来ているのは、
近くの企業のネクタイをした人たちや、
このあたりに多い医療関係者が来ている。
医療関係者は、白い服を着ているのですぐ判る。

休日には、遅い朝をここでとる、
近くの高級アパートの住民らしい人たちでいっぱいである。
家で作るより、ここで食べた方が面倒でなくて良いのであろう。
女中さんが休みだと何も出来ない人たちばかりだ。

日曜の午後遅くなると、
ある一団が必ず集まっている。
日によって違うが、
少なくても10数名の中高年の男達だ。

富裕層であることはすぐ判る。

その男達がここにやってくるのに使うのは、
大型のオートバイなのだ。

ハーレーダビットソン
BMW
本田
スズキ
DUCATI

sp20050409e

男達は、ツーリングのあと、ここで一杯やって、
交歓のあと、別れているようだ。

|

« サンパウロ・パカエンブー競技場 その2 | Main | ロマリオは、今週末試合に出ないかも。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3975062

Listed below are links to weblogs that reference サンパウロのパン屋さん その2:

« サンパウロ・パカエンブー競技場 その2 | Main | ロマリオは、今週末試合に出ないかも。 »