« リベルタドーレス南米選手権の1次予選終了 | Main | コリンチャンスの騒動は続く »

sexta-feira, 13 de maio de 2005

美術展「着色された肉体たち」 その8

展示は、写真や画だけではなかった。

とてもとてもリアルな人形。
本当に本物のようであった。

皮膚の色。
血管。
ある意味で、気味が悪いくらいであった。

近くによってしげしげと見てみた。

spd20050512c


spd20050512d


spd20050512b


spd20050512a


|

« リベルタドーレス南米選手権の1次予選終了 | Main | コリンチャンスの騒動は続く »

Comments

えー!
トイレに座っているのなんて、本当にリアルですね。
「失礼しました」とか言っちゃいそう。
ああ、ほんとに見てみたい・・・

Posted by: ひろた | sábado, 14 de maio de 2005 at 01:04

>ひろた様
本当にリアルすぎて、気持ち悪いくらいでした。
突然に動いたりしたら、腰抜かしそうでした。

Posted by: Sao_Paulo | segunda-feira, 16 de maio de 2005 at 12:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/4104580

Listed below are links to weblogs that reference 美術展「着色された肉体たち」 その8:

« リベルタドーレス南米選手権の1次予選終了 | Main | コリンチャンスの騒動は続く »