« コリンチャンスのファン その8 | Main | ルース駅とその周辺 その4 ルース公園 »

terça-feira, 24 de maio de 2005

カエターノ・ヴェローゾと、やり手の元妻。

ブラジル音楽界の至宝カエターノ・ヴェローゾはすてきな声で歌って、聴く人を魅了している。

しかし、やはり芸能人だった。

100万部というブラジル最大の売り上げを誇る週刊誌VEJA誌の先週号に、愉快な記事が出ていた。

spd20050524a

「メス虎と小さなライオンちゃん」というタイトルだ。

5月12日の17時過ぎ、リオ・デ・ジャネイロのコパカバーナ海岸に面したアパートの地下駐車場の入り口に、BMWが追突し、門を壊したという”事件”が起きた。
故意に門に突っ込んだので、事故ではない。

運転していたのは、パウラ・ラヴィジニPaula Lavigneという36歳の女性である。

この女性は、昨年の12月までは、カエターノ・ヴェローゾの妻であった。

この記事には色々と背景も書いているのだが、その辺はちょっと省略してみる。

要は、この元妻はカエターノ・ヴェローゾに連絡を取る必要があるらしいのだが、彼は電話にもでないし、まったく接触をしようとしないのである。
カエターノ・ヴェローゾは、離婚後このアパートに住んでいた。

そこで、業を煮やして、運転してこのアパートにやってきたわけだ。
この建物は、カエターノ・ヴェローゾの所有物である。

そこで、アパートに入れろ入れないと、アパートのガードマンと揉めた。
ガードマンは、カエターノ・ヴェローゾからそのように厳しく指示を受けていて、その指示を守ったのである。

そして、やりとりがあって、ついに彼女は地下駐車場に突入したのである。
重さが270キロもあるアルミ製の門を壊してしまった。
門の反対側には、この建物の従業員も危うく引かれるところだったという。

何でも、この前の日に二人はこのアパートで、大喧嘩をしたらしい。
それで、カエターノ・ヴェローゾは、また喧嘩をするのを避けるため、このようにしたらしいのだ。
入り口の鍵まで変えた。
建物の電話番に、電話も取り繋がないように言ったという。

パウラにすると、このアパートにおいてあった、あるものを取りに来ただけだという。
理由もなくこの建物への立ち入りを禁じられた。

この2ヶ月に同様なことは2度あったという。
幸運なことにその時は車はなかったというが、カエターノ・ヴェローゾが、レストランで食事をしているときに遭遇し、顔に水をかけたという。

彼女は、俳優でもあり、また企業家としてカエターノ・ヴェローゾのパートナーとして、彼の財産を殖やすのに手腕をふるっており、映画のプロモーターとしても成功を収めている。

また、Natasha Productionというカエターノも所属する事務所の切り盛りも行っており、彼以外のタレントの活動も進めている。

とにかく、気が強いのか一度決めたら、「メス虎」になるのだそうだ。

-----------------------------

真面目な雑誌VEJA誌も、面白い記事を載せてくれる。

しかし19年間結婚していたというから、結婚したの彼女が17歳の時である。
年齢も随分と随分と離れている。 30まではないが。

因果報応というべきだろうか。

いまごろ、日本で、ゆっくりと過ごしているのだろう。

※ブラジルでは、彼のCD・BOXが発売されているが、日本ではどうだろう。
  2-3年前までの彼のCDが、すべて入っている。

|

« コリンチャンスのファン その8 | Main | ルース駅とその周辺 その4 ルース公園 »

Comments

日本でのライブを見てきました。
こんな事件があったとは知りませんでした。
でも彼はこんな事関係なく元気そうでしたが。

ちなみにa tigresa とo leaozinhoは彼の曲の名前にかけています。

Posted by: moro | quarta-feira, 25 de maio de 2005 13:09

>moro様
カエターノ・ヴェローゾのイメージを壊すような記事。
ブラジルのマスコミも厳しいものです。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 30 de maio de 2005 01:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カエターノ・ヴェローゾと、やり手の元妻。:

» カエターノ・ヴェローゾー現代最高のラテン・アーティスト・ライブー [MBAキーワード広告社長日記]
カエターノを知ったのは、今から15年ぐらい前、トーキング・ヘッズのリーダー、デビット・バーンによるMPBのオムニバス版”beleze tropical”でそこに収められた名曲”Terra”と”Queixa”は今でもお気に入り明るい、思わず口ずさみたくなる名曲だただ、その頃はカエターノよ... [Read More]

Tracked on quinta-feira, 2 de junho de 2005 07:40

« コリンチャンスのファン その8 | Main | ルース駅とその周辺 その4 ルース公園 »