« ロナウドに続いて、アドリアーノもブラジル代表をはずれる | Main | サンパウロのゲイパレード その6 »

quarta-feira, 1 de junho de 2005

ブラジル代表のルイゾンがワールドカップ南米予選には出場できず、アンデルソンが入った。

ブラジル代表付きの医者のジョゼ・ルイス・ルンコJosé Luís Runcoは、ポルトガルのベンフィカに所属のルイゾンは、ワールドカップ南米予選の試合として行われるパラグアイ戦とアルゼンチン戦に出場できる状態ではないと発表した。

よって、コリンチャンスのアンデルソンが招集された。今週の水曜日にブラジル代表の合宿地であるリオ・デ・ジャネイロ州テレゾポリス市のグランジャ・コマリーに行くことになる。

ルンコによると、ルイゾンは左腿の筋肉を痛めている。
6月15日から29日までドイツで行われるコンフェデレーション杯には出場は可能になるだろうとみている。
よって、彼は引き続きトレーニングは続けることになる。

また、この火曜日、トルコのフェネルバシに所属するアレックスも、トルコの選手権の試合で肉離れを起こし、コンフェデレーション杯から外れることになった。
彼は、今パラナ州のクリチーバにおり、電話で15日間の治療が必要だと言ってきたという。

アーセナルスにいて、この5年はバレンシアにいるエドゥが招集された。
エドゥは、「今コンフェデレーション杯と同じくらい大事な試合があるが、ブラジル代表にいることはいつも誇りである」と語った。

------------------------------

合宿が始まり、ブラジル代表のメンバー変更が激しくなってきた。
ロナウドの呪縛が解けたせいだろうか。

|

« ロナウドに続いて、アドリアーノもブラジル代表をはずれる | Main | サンパウロのゲイパレード その6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル代表のルイゾンがワールドカップ南米予選には出場できず、アンデルソンが入った。:

« ロナウドに続いて、アドリアーノもブラジル代表をはずれる | Main | サンパウロのゲイパレード その6 »