« サンパウロの移民博物館 その4 航空写真 | Main | サッカー・コンフェデレーション杯(ブラジル代表) その2 ブラジル代表のスケジュール1 »

sexta-feira, 10 de junho de 2005

ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供たち その2

ブラジル・サンパウロでは、車で信号待ちをしていると、子供が近づいてきて、ガムなどのお菓子を売りつけに来たり、ちょっとした芸を見せたりして、お金を稼ぐ子供に遭遇する。
何もせずに、ただお金をねだる子供もいる。
大体12-13歳以下位間での子供だ。
これ以上の年齢になれば、体も大きいので、もっと別の稼ぎ方もあるのだろう。

サンパウロにはこうした子供が、2000-3000人はいるといわれている。

spd20050609n

サンパウロの中心部のルース駅の南側には、特にこういった子供が多かった。
この地区は、10年ほど前から「クラコランヂアcracolandia」と呼ばれ、路上で麻薬(特にクラックが多かった)が販売されるなど、環境の悪化が著しかった。

しかし、この2-3ヶ月前にこの地区自体の浄化を目的として警察の手入れがあり、一見この地区はそういった様子ではなくなった。

この地区にいた子供たちは、路上でお金を稼ぐと、そのお金で安い麻薬を買い、使用している子供が多いといわれていたのである。

spd20050609o

集団で住み、麻薬を常用しているという子供たちの姿が、映される。


spd20050602h

路上にいる子供の、53%は働くだけだ。
16%は、そこで生きている。
7.6%は、すでに独立して生きている。
7%は、一家揃って路上で暮らしているという。

さて、その「クラコランヂア」は、警察の手入れで無くなったというわけではない。
ただ移動しただけだ。
それも歩いていける距離の範囲であることは言うまでもない。
「新クラコランヂア」が存在すると、テレビのニュースで伝えていた。

おそらく2-3日中にまた警察の手入れが入るであろう。

場所は、カンポス・エリゼオス(シャンゼリーゼのポルトガル語である)という地区で、100年前は超豪邸街である。

|

« サンパウロの移民博物館 その4 航空写真 | Main | サッカー・コンフェデレーション杯(ブラジル代表) その2 ブラジル代表のスケジュール1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/4502177

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供たち その2:

« サンパウロの移民博物館 その4 航空写真 | Main | サッカー・コンフェデレーション杯(ブラジル代表) その2 ブラジル代表のスケジュール1 »