« ブラジル・サンパウロにとって重要な試合が3つ | Main | ブラジル第2位のビール会社が脱税。 »

quinta-feira, 16 de junho de 2005

ブラジル唯一の火山

地質的には古く安定しているブラジル。

そのブラジルに火山があるそうだ。
それも、リオ・デ・ジャネイロのすぐそば。
ノヴァ・イグアス市にあるというのである。

spd20050612w

火口は、市街地のすぐ隣にあるのである。
このノヴァ・イグアス市は、リオ・デ・ジャネイロのベッドタウンといった街で人口百万人を超えている。

発見した地質学者が地形や地質から間違いないと言っている。

spd20050615i

しかし、4000万年前に活動していて、今はもう噴火するようなおそれはないので、大丈夫といっていた。

|

« ブラジル・サンパウロにとって重要な試合が3つ | Main | ブラジル第2位のビール会社が脱税。 »

Comments

サントス、敗退しましたねぇ。リベルタドーレスが終わったということは、ホビーニョの移籍も間近なのでしょうか…

Posted by: toshj | quinta-feira, 16 de junho de 2005 at 11:56

ブラジルは、リオデジャネイロ州立大学の地質学者です。驚きましたね。こんなホラ話が日本まで伝わっているのですか。私は、写真にある「クレーター」と称するする場所の地質を最初に研究した者で、リオデジャネイロ州立大学の教官です。地形はめちゃくちゃ、地質は火山とは程遠いものです。30年程前に立ち消えになった話が、同地の市長選挙の勢力争いと、州知事の希望で火山が「復活」したわけです。あまりにひどい話なので、私が少しまともな論文を書きました。四月にRevista Escola de Minas(http://www.scielo.br/scielo.php/script_sci_serial/pid_0370-4467/lng_en/nrm_iso)に出版されます。よろしければ、コピーを送ります。ご希望ならば、ご連絡ください。

Posted by: 元木昭寿 | segunda-feira, 13 de março de 2006 at 21:48

>元木昭寿様
このニュースは、GLOBOで報じられたものです。 たぶん”FANTASTICO”でもこの時期(2005年5月-6月頃)に特集されていたように思います。
このようなマイナーなニュースが、日本で報道されたかどうかは知りません。
火山の存在など内容の真偽についての「抗議」については、GLOBOにお願いします。
「火山だと認定した学者」も名前と顔がでていました。
そちらの方と、学術的な論争をされてはいかがでしょうか。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 13 de março de 2006 at 22:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/4577980

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル唯一の火山:

« ブラジル・サンパウロにとって重要な試合が3つ | Main | ブラジル第2位のビール会社が脱税。 »