« ルース駅とその周辺 その8 サンパウロで最初の発電所の煙突 | Main | サンパウロの刑務所の反乱 »

quarta-feira, 15 de junho de 2005

チリの地震で、サンパウロも揺れた

チリの北部で、6月13日の夕方に、マグニチュード7.9という規模の大地震があった。

spd20050614a

spd20050614b

サンパウロでは、同日の20時少し前のことである。

ところが、この地震をブラジルの南部でも、そしてサンパウロ市でも感じた者がいるというのだ。

spd20050614c

spd20050614d

サンパウロの街には、数え切れないほどの高層アパートがあるが、これらのやはり高層階に住んでいる人で感じた人がいる。

電灯やドアが揺れたのだという。
怖くていられないと、アパートの外に出てきた人もいたという。
今朝になって、建物を見てもらったが、非常のある物はなかったといっていた。

地震計にも揺れは記録されていると、サンパウロ大学の地球物理学の教授が説明をしていた。

spd20050614e

自分は、一戸建てなので全く感じなかった。
仮に揺れても、それが地震によるものだとは思いもよらなかったと思う。

|

« ルース駅とその周辺 その8 サンパウロで最初の発電所の煙突 | Main | サンパウロの刑務所の反乱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/4564390

Listed below are links to weblogs that reference チリの地震で、サンパウロも揺れた:

« ルース駅とその周辺 その8 サンパウロで最初の発電所の煙突 | Main | サンパウロの刑務所の反乱 »