« ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供たち その3 | Main | サッカー・コンフェデレーション杯(ブラジル代表) その48 小ネタ »

domingo, 26 de junho de 2005

ブラジルの佐々木隊長と野村刑事

ブラジル・サンパウロ州では、「誘拐」が頻発している。

今年になって、身代金を要求するものは、24数件発生している。

だいたい被害者は、ファヴェーラに監禁されているのを発見されることが多い。
身代金要求の時点で、電話を使うので、警察に探知されるケースが多いようである。

また、警察に「匿名」の電話があり、「近所に誰かが監禁されている」というようなタレコミもあるときがある。
警察も、市民の協力がなければ、事件は解決しないし、犯罪に対抗できないとして、市民の協力を強くお願いしている。

この日も、匿名の電話があり、監禁場所を警察が急襲した。
spd20050617e

spd20050617c

やはり、ファヴェーラだった。

「被害者」の身柄を確保し、監禁していたものを逮捕した。

spd20050617d

この作戦を実行した佐々木隊長がインタビューに応じていた。
「匿名の電話があった」

spd20050617a

犯人から押収した、携帯電話や麻薬を見せる。

spd20050617g

そして、誘拐専門の部局の野村刑事が、「市民の協力」をと言っていた。

spd20050617b

|

« ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供たち その3 | Main | サッカー・コンフェデレーション杯(ブラジル代表) その48 小ネタ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの佐々木隊長と野村刑事:

« ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供たち その3 | Main | サッカー・コンフェデレーション杯(ブラジル代表) その48 小ネタ »