« コリンチャンスの試合がある | Main | コリンチャンスは勝った。 »

quarta-feira, 27 de julho de 2005

ブラジル・サンパウロの「早朝青空市」 その2

ブラジル・サンパウロの市内各所で開いている「早朝青空市」の紹介である。

早朝市といっても、だんだんと時間が遅くなっているようだ。

前は6時頃に開いて12時前には終了していたのだが、今は9時頃に開いて14時過ぎまでやっているところもあるようだ。
都市型の生活になってきたというのだろうか。

遅い時間になると、鮮度は落ちてくるし、良いものは残っていない。
だから価格は安くなる。
売る方も売れ残っても仕方がないので、安売りを始めるのである。

この時間になると、貧しい人たちが大挙してやってくる。
また、買えない人は、床に落ちている野菜の端切れまで拾って帰る。

サンパウロの中央卸売市場のセアゼも、高級住宅街と貧民街にはさまれたところにある。
といっても、あまりお金持ちらしき人はこの場所では多く見かけないところである。

野菜専門の店である。
だいたい何でもキロ単位で買うのであるが、ブラジルはこういった基礎食品の価格はとても安いように思う。
また、移民の国なので種類もとても多い。
どんな料理に使うのか想像つかない野菜が多いのである。

spd20050724b


|

« コリンチャンスの試合がある | Main | コリンチャンスは勝った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/5191898

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「早朝青空市」 その2:

« コリンチャンスの試合がある | Main | コリンチャンスは勝った。 »