« ロビーニョの移籍いよいよ秒読み その18 社長マルセロ・テイシェイラはマイアミ | Main | ブラジル・サンパウロの海岸 冬 その10 »

sexta-feira, 8 de julho de 2005

サブリナ・サトウは、ブラジル日系の星

久しぶりに「サブリナ・サトウ」の話題である。

サブリナ・サトウは、2年半ほど前のテレビの番組から、世に出て来ている。
その頃は一応素人であった。

この番組は、素人が参加する番組で、同数の男女が10名ほどが一緒に過ごし、徐々に消えていき、数十日後に最後に残った者が優勝するという番組である。
ほぼ一年に一度行われるこの番組のパート3に出ていた。

ちなみに、今年の3月にパート5が終わった。
優勝者はゲイの男性で最近本を出版した。
2位の女性は、昨年のミス・ブラジルの3位で、プレイ・ボーイの8月号に写真を掲載する契約をしている。

この番組の放送直後には有名になり、しばらくはメディアをにぎわす者はいるが、3年経っても残っているのは彼女だけである。

彼女が毎週出ている"Panico na TV"は、お笑いおふざけ番組なのであるが、視聴率急上昇で、全ブラジルを騒がせている番組である。

その後、ラジオの番組に出て、その番組がテレビの番組に出世して、彼女もテレビに出るようになった。

彼女は、日系人の母とレバノン系の父親を持つ。
ブラジル・サンパウロ州の奥地で生まれている。
このため、もの凄い「田舎なまり」で話すのである。
これも、彼女の作戦かもしれないが、「売り」である。

ついに、昨年12月には、ブラジル版プレイボーイの表紙を飾っている。
もちろん、グラビアページの方もである。
このブログに、当時、一部の写真を掲載している。

さて、今週発売の"Corpo a corpo"というブラジルの女性雑誌の表紙も彼女である。
この雑誌は、身体の美を追究することを主にした雑誌である。
つまりこの雑誌に出るということは、美しい身体の持ち主であるということに他ならない。

capa230

過去にも日系人のスターというのはいなかったわけでも無い、
しかし、それは日系人たちだけのスターであったりした。
ちょっとした日系人の芸能大会に出てくる歌の上手なお姉さんだったりするわけだ。

そういう人で、その昔、ローザ・ミヤケなんていう人もいた。
今の人は知らないだろう。

サブリナ・サトウの他にも、最近はダニエリ・スズキという女優もいる。
彼女は純日系のようだ。
サンパウロ・ファッション・ウィークに出ていたモデルにも日系人がいた。

サブリナ・サトウは、胸とお尻にシリコンを入れていると公言している。
この雑誌は、そういうことは構わないようだ。
サブリナが出ているページである。

p34x300
p35x300

p36x300

p37x300

こういう雑誌のメイクは、とても濃い。

|

« ロビーニョの移籍いよいよ秒読み その18 社長マルセロ・テイシェイラはマイアミ | Main | ブラジル・サンパウロの海岸 冬 その10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/4879243

Listed below are links to weblogs that reference サブリナ・サトウは、ブラジル日系の星:

« ロビーニョの移籍いよいよ秒読み その18 社長マルセロ・テイシェイラはマイアミ | Main | ブラジル・サンパウロの海岸 冬 その10 »