« ブラジルの「不法占拠」運動 その6 強制退去の現場 | Main | ブラジルの80歳の年金生活者の執念 »

sexta-feira, 26 de agosto de 2005

ロビーニョの行きつけの床屋

サントスに所属していたロビーニョ。

昨日8月24日、ベレンでのサントスのロビーニョとしての最後の試合を終えたロビーニョ。

今日、彼は昨日までのチームメイトともに地元に戻ることなく、リオ・デ・ジャネイロ経由でマドリに向かった。
レアル・マドリでは、8月26日に彼の記者会見を行うという。

さて、ロビーニョの生まれ故郷はサントスではなく、すぐ隣のサン・ヴィセンチである。
海岸はサントスから続いている。

ロビーニョが行きつけだった床屋さんが紹介されていた。

8年間、ロビーニョが通ったという。

spd20050825g

店内には、ロビーニョの写真が飾ってある。

spd20050825h

友達でもあったというサントスのロビーニョを失ったのではなく、常連客のロビーニョを失った彼は、心なしか悲しそうだ。

spd20050825f

癖毛がきつかったロビーニョ。
きちんとした剃り込みを入れていたのも彼だったのか。

|

« ブラジルの「不法占拠」運動 その6 強制退去の現場 | Main | ブラジルの80歳の年金生活者の執念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロビーニョの行きつけの床屋:

« ブラジルの「不法占拠」運動 その6 強制退去の現場 | Main | ブラジルの80歳の年金生活者の執念 »