« ロマリオに続いて、ロナウドも警察に召還 その2 | Main | ロナウヂーニョとロッキ・ジュニオール招集 »

segunda-feira, 22 de agosto de 2005

そして、ダニエラ・チカエリは元に戻る。

ロナウドは相変わらず話題でいっぱいである。
一時はその妻(?)となったダニエラ・チカレリの話題も、あまり聞かなくなった。

ロナウドと付き合って、一躍名をあげたダニエラ・チカレリ。
ギャラは一気に上がり、
テレビの司会者というタイトルも付いた。
ブラジルの週刊誌にも取りあげられるようになった。

それもこれも、「ロナウドの女」だったからである。

ロナウドが大金を浪費した、パリ郊外で行われた結婚パーティー依頼、評判を落としたダニエラ・チカレリ。
それまでのよいイメージが、一気に傲慢でわがままにかわった。

離婚(?)したあとの一連の発言や行動も、眉をひそめたくなるものもあった。

結局、その辺にいくらでもいる「ロナウドの昔の女」になってしまい、ニュースの価値が落ちてしまった。

その彼女のニュースがある。

capa_400gente20050822

"Iisto E GENTE"という雑誌の表紙を飾っている。

ダニエラ・チカレリが、8月10日にサンパウロで行われたファッションショー「ブラジル・プレタポルタ Version.4
」に登場して、みんなを驚かせた。

モデルで、司会者の彼女は、先日のリオ・ファッションウィークとサンパウロ・ファッションウィークでは蚊帳の外だった。
しかし、彼女は彼女の仕事の出発点である下着のショーで登場したのである。

「今は、昔のように、自分の方法で見せる。 他のモデルと違うけど。痩せすぎ。悲しくなるくらい」と火の場は行っている。
彼女は、この夜一番完璧な身体だった。

pretaporterbrasil_01

彼女が、ロナウド(本名Ronaldo Nazário de Lima)の女であった短い期間に見せていたイメージとは全く逆で、とてもいい子であった。

出演料は、彼女がロナウドの女であったときに急上昇して6万レアルから10万レアルになったが、明らかにされていない。
おそらく半分に下がっている。

マネージャーは、「出演料は下がっていない。 彼女が出ていた一流ブランドのショートの時は、額はもっとあるけど、そこが違うけどね」と言っている。 
実際のところ、誰も彼女がイベントに出るに当たって2万レアル以上は無いだろうと思っている。

彼女のプライベートな生活でも上がったり下がったりである。
弁護士のファヴィオ・ツェイテルと2ヶ月付き合っている。
彼女は12日に2人について認めているが、「時間がない」と言っている。

テレビの司会者の仕事もあるし、芝居の仕事もあるという。
今年、コメディーをやって、舞台にデビューする。
{お芝居の学校に行ったし」

地道に生きていくのかな。

|

« ロマリオに続いて、ロナウドも警察に召還 その2 | Main | ロナウヂーニョとロッキ・ジュニオール招集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そして、ダニエラ・チカエリは元に戻る。:

« ロマリオに続いて、ロナウドも警察に召還 その2 | Main | ロナウヂーニョとロッキ・ジュニオール招集 »