« ブラジルの道路事情 その2 | Main | コリンチャンスのユニフォームにSAMSUNG »

segunda-feira, 8 de agosto de 2005

原爆投下から60年は、ブラジルのトップニュース その2

ブラジルの最大のメディアであるGLOBOは、「原爆投下60年」ということで広島に特派員も出して、ニュースの時間にシリーズで、レポートをしている。

ブラジルは、「その気になれば原爆を持つ能力がある」国とされている。
でも、この国の周辺情勢を考えると、当分持つ必要は無いだろう。

周辺に、そういった能力を持つか、持って攻撃する意志や能力がある国がないのである。
そういう意味で、ブラジルはとても幸せな国である。

いまだに冷戦の名残を引きずっている東アジアとは、周辺環境が異なるのである。

ブラジルは、1964年から1985年まで軍政をひいていた。
今も、当然軍はある。
でも、サンパウロにいるとその存在はほとんど感じることがない。

テレビでも、軍の威厳を前面に出すようなニュースや番組は一切無い。
国威発揚の政府キャンペーンでも、軍の映像など出てこない。

ブラジルは、第2次世界大戦では連合国に属し、イタリアに兵を送っている。
戦勝国であり、国連の原加盟国である。
国連でも、その地位は意外なほど高いのである。
だから、安全保障理事会の常任理事国にも立候補しても不思議ではない。

こういった国が、「核兵器の恐ろしさを知り」、「平和の大切さ」を訴える国民を育ててくれることは、必要なことだと思う。

8月6日夜のニュースでも、広島の映像が再び映し出されていた。

spd20050807f

川に流された広島の人々の思いは、メディアを通してブラジルにも届いているのである。

spd20050807g

spd20050807h

軍拡で頭がいっぱいの東アジアの国々には、「思い」は届くような状況ではなさそうだ。
せっかくの機会である、ブラジルで「企画展」でも開催してみてはどうだろうか。

|

« ブラジルの道路事情 その2 | Main | コリンチャンスのユニフォームにSAMSUNG »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原爆投下から60年は、ブラジルのトップニュース その2:

« ブラジルの道路事情 その2 | Main | コリンチャンスのユニフォームにSAMSUNG »