« ブラジルの「不法占拠」運動 その5 強制退去の後 2 | Main | ブラジルの防犯意識 その2 »

quarta-feira, 24 de agosto de 2005

ブラジルの公開番組に、日系女性

ブラジルのテレビは面白い。

愚にも付かない番組をだらだらとやっている。
編集がない「24時間テレビ」のレベルである。

言葉がわかるともっとばかばかしさがわかるに違いない。

何故か知らないが、公開番組が昔から多い。

公開番組の参加者は、お客さんではない。
出演者ともに番組を盛り上げる役目がある。

日本は、公開番組には反応のよい「中年女性」や「若い女性」を入れることが多い。

中年女性は、司会者のいうことに無意識のうちにかどうかは知らないが「うなずいてくれる」。
カメラはそれを映し出すわけである。
テレビの前の視聴者も、またうなずくわけだ。

若い女性は、単純に笑ってくれる。
「笑っていいとも」の70%は若い女性である。
それにだいいちフォトジェニックである。

「おっさん」や「にいちゃん」が、ずらりと並んでいる番組など、想像もしたくない。

ブラジルでも公開番組では、若い女性を入れていることが多い。
日本ではどうだか知らないが、前列にはさらにフォトジェニックな女性を選んで座らせるという。

そういえばそういうこともあるのかなあという並びになっている。
特に司会者の近くなどは、番組中に何度もカメラに抜かれるので、かなりの高レベルの女性が座ることにあるわけだ。

誠に残念なことなのであるが、そういった公開番組で日系女性を見ることが多くない。
サンパウロの制作の番組であれば、サンパウロ市周辺の女性を集めるはずなので、日系人の比率が高くてもおかしくはないはずである。

「教養が邪魔をして、日系女性はテレビの公開番組にはいかないのであろうか」

ブラジル随一の馬鹿番組Panico na TVも公開番組である。

この間、ここに日系女性が映っていた。
とてもいい場所に座らされていた。

0815072305_4

純日系のようで、「かわいい」感じだった。

0815072305_9


|

« ブラジルの「不法占拠」運動 その5 強制退去の後 2 | Main | ブラジルの防犯意識 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/5626105

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの公開番組に、日系女性:

« ブラジルの「不法占拠」運動 その5 強制退去の後 2 | Main | ブラジルの防犯意識 その2 »