« 書籍 その4 サンパウロ大都市圏 | Main | ブラジル・サンパウロの「早朝青空市」 その6 花卉 »

sexta-feira, 5 de agosto de 2005

ブラジル・サンパウロの故地「シネ・ニテロイ」

ブラジル・サンパウロの中心部に近いリベルダーヂ地区。
その中で東洋人街と呼ばれるところは、元々は日本人移民が集まって、賑わっていたところである。
いまでも、東洋人街の街灯は提灯のようなデザインになっている。

リベルダーヂ大通りとバロン・ヂ・イグアペ通りの角に、この建物はある。

spd20050804k

もう何年も空き家のままである。
10年15年ではきかないと思う。
その割には荒れ果ててはいない。

この場所には、「シネ・ニテロイ」という日本映画の専門上演館があったのだ。

行ったことがある。
古い古い、そしてかなり雨降りのフィルムの映画をやっていた。
繰り返し何年も何回も上映していたのであろう。
おもに、1950-1970年代の映画が中心だった。
時代劇や初期の寅さんをやっていた。

しかし、お客はほとんどいなかった。

新しい映画が入ってこなくて、客が飽きたこと。
その客も、移民たちの減少で減ったこと。
日本からビデオが入ってきたこと。

そういったような理由で客が減り続け、閉館を余儀なくされたようだ。

もう一軒別の所にも、映画館があった。
そちらも、同じような理由で同じ頃に閉館してしまった。
二昔前の、場末の映画館そのもののような所であった。
途中でフィルムが焼けて、切れてしまった。

日本人移民たちで溢れていた頃の、リベルダーヂの話を聞くと隔世の感がある。

|

« 書籍 その4 サンパウロ大都市圏 | Main | ブラジル・サンパウロの「早朝青空市」 その6 花卉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの故地「シネ・ニテロイ」:

« 書籍 その4 サンパウロ大都市圏 | Main | ブラジル・サンパウロの「早朝青空市」 その6 花卉 »