« ブラジルの「不法占拠」運動 その3 強制退去 | Main | ブラジル・サンパウロで、今年7月までに殺された人1578人 »

domingo, 21 de agosto de 2005

ブラジルの「トヨタ」 その4

ブラジルでは、車はやはり週末の土曜日や日曜日に売れるらしい。

家族で、わいわいと自動車販売店に行って、あれやこれやと、車をさわるのだろう。

ブラジルで、車の盗難が多いので、みんな自分の車をとても心配している。
人が近づいたり、なんとなく覗いたりされるだけだけでも、ドキドキする。

だから、やたら人の車をながめたりするのもさけたほうがよい。
泥棒と疑われる。

日本だと、見慣れない車や、発売直後の車を見かけると、近づいてながめたりするのだが、ここブラジルでは出来ない。

思いっきり、車をさわったり出来るのは自動車販売店だけである。

だいたい、木曜日から土曜日にかけては、テレビで、車の販売のCMが多くなる。

トヨタの最近のCMである。

現地生産の自家用車は2種類しかない。
カローラのセダンとバンである。

spd20050818r

Entrada+36x615レアルなどと書いてある。
Entradaとは、頭金のことである。

spd20050818q

spd20050820d

頭金を支払って、あとは615レアルを36回払いすることを、OKといっているわけである。
615レアルx36回=22,140レアルである。(約110万円)
それに3年の保険も入っている。(保証ではない)

とすると、頭金はいくらになるのかということであるが、CMには「大きく」書いていない。
この車カローラは、ブラジルでは300万円くらいするのである。

この車の価格は、65.304レアルである。
そして、頭金は、50,000レアルである。
最初に、ほとんど支払うことになるのである。

残りの15,304レアルを、36回払いにすると合計が22,140レアルになるわけである。

凄くアピールするべきポイントなのかどうかわからない。
ブラジルは、世界一金利が高いので、これでいいのかもしれないが。

実は、定価とか頭金などは、CMの最後に小さく、短い時間だが表示されているのである。
とても読めるわけないのである。

spd20050818s

これで一応消費者保護の規定を守っていることになるのだろう。

ブラジルでは、これよりもっと多い字数で同様なことを書いてあるCMが多い、いつも一瞬の間に消えてしまう。
消費者に伝わらないと思うのだが。

消費者も気にしないのだろう。
なにしろ、細かに記載が必要なもののCMの対象になる人は、富裕層が多いのだから。

|

« ブラジルの「不法占拠」運動 その3 強制退去 | Main | ブラジル・サンパウロで、今年7月までに殺された人1578人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「トヨタ」 その4:

« ブラジルの「不法占拠」運動 その3 強制退去 | Main | ブラジル・サンパウロで、今年7月までに殺された人1578人 »