« ブラジルのサッカー雑誌PLACAR その9 | Main | 書籍 その3 サンパウロの都市化 »

quarta-feira, 3 de agosto de 2005

ブラジル・サンパウロの秘密カジノ

ブラジルには、カジノはない。
隣国のパラグアイやウルグアイにはある。

賭けるお金と暇のある人は、行くだろう。
ラスベガスにだって。

賭け事といえば、宝くじのようなものなどはいろいろある。
また、街の中には「BINGO」という看板があるが、これも一応賭け事である。
今は、合法であるが、何度も合法ではなくなったりしてきていた。

この「BINGO」は、日本でいえばパチンコ屋のようなもので、結構高齢者が多い。
豪華な内外装の店もあるが、敷居は高くない。

spd20050802c

一軒の家が住宅街にある。
あとから付けた高い塀に囲まれていて、中の様子は窺い知ることはできない。
この住宅街は、一切の商業取引活動は禁止されている地区である。

塀の中には、看板はあるが、みただけでは何の商売なのかはっきりしない。

入り口には、屈強なガードマンがたいだい2名いる。
特に夜はそうだ。

毎晩、10台くらいの車が付近に路上駐車する。
家の敷地の中にも、数台の車。

ここは、非合法な「秘密カジノ」である。
ルーレットやバカラなどをやっている。

たぶん、そのうちに摘発されることであろう。
この地区は、住民自治の意識が極めて高いからである。
社会的な地位も高い人が多いので、警察も相手にしてくれる。

まあ、こういうものがあるとこの付近だけは治安が保たれる一面もないでもない。

拙宅のすぐ近くなのである。

|

« ブラジルのサッカー雑誌PLACAR その9 | Main | 書籍 その3 サンパウロの都市化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの秘密カジノ:

« ブラジルのサッカー雑誌PLACAR その9 | Main | 書籍 その3 サンパウロの都市化 »