« ブラジル・サンパウロをGoogle Mapでみる その14 コンゴニアス飛行場 | Main | サッカー・ブラジル代表、クロアチア入り »

segunda-feira, 15 de agosto de 2005

ブラジル経済は安定。

ブラジルは、今、ブラジリア中央政界がスキャンダルで、ほとんど止まっている。
毎日、新たな事実が出て来ている。
大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァの政権与党PT(=労働党)そのもののスキャンダルである。

大統領も、無関係ではないことは言うまでもない。
大統領は、事実を明らかにしなければならないといって、状況の推移に干渉はしていない。

先週の金曜日の昼の12時過ぎに、テレビの生中継で「国民に、政府や労働党が色々と問題を起こしている」ことについて、「政府や労働党は許しを請うべきだ」と言った。
それについて、「許しを請う」前に、「果たして大統領自身は関与していないのかどうか、あるいは知っていたのか明確にしなければならない」と言う論調が強い。
「政府や労働党」と言っても、大統領がどちらも代表しているようなものである。

大統領自身も、労働党党首であったのだ。

スキャンダルは、複雑怪奇な様相を呈している。
政治は、3ヶ月間この調査委員会の報道ばかりである。

日本で言うと、昔々の「ロッキード問題特別調査委員会」や、そのあとの色々な疑惑事件の委員会質疑のようである。
こちらの政治家や証人は、「記憶にありません」などとは言わない、実に能弁である。
随分と違うものである。

このスキャンダルが出て来て、はや3ヶ月。
今までのブラジルであれば、株や通貨レアルは暴落のはずである。

だが、今は逆だ。
今日も、ドルに対して、1%以上あがっている。
先週、米国が基準金利を上げたのだが、影響は軽微であった。

この3ヶ月では、米国ドルに対して次のように動いている。

USD-BRL-0001-0-0-12-2453508-2453598

2002年からでも、もっとも高い水準になっている。
輸出が、レアル高をもろともせず、好調で、貿易黒字が積み上がっている。
米国ドルを手にして、レアルに交換する需要が大きいのである。

USD-BRL-0001-0-0-12-2452276-2453598

日本円に対しても、この3ヶ月の動きは次のようになっている。
日本円と米国ドルが、110円を挟んであまり動いていないので、米国ドルに対する動きと変わらない。

JPY-BRL-0001-0-0-12-2453508-2453598

2002年からの動きは、次のようになっている。

JPY-BRL-0001-0-0-12-2452276-2453598

さて、ブラジルは「買い時」であろうか。

|

« ブラジル・サンパウロをGoogle Mapでみる その14 コンゴニアス飛行場 | Main | サッカー・ブラジル代表、クロアチア入り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル経済は安定。:

« ブラジル・サンパウロをGoogle Mapでみる その14 コンゴニアス飛行場 | Main | サッカー・ブラジル代表、クロアチア入り »