« ロマリオと麻薬 その3 元妻と子供 | Main | ブラジル・サンパウロの海岸 冬 その16 ブラジルの「ブラジル水着」 »

domingo, 28 de agosto de 2005

ブラジル・サンパウロの「自損事故」

ブラジルでは、若者は週末の夜に騒ぐ。
世界中どこでもそうだ。

そして、酒を飲んで、車で走り回る。
他に移動の手段がないからだ。

先ほど、ブラジル時間の8月28日3時半頃、拙宅の近くで「どーん」と大きな音がした。
車が、カーブを曲がりきれずに、突っ込んだ音である。

早速覗いてみた。

車の右前部を大破している。
乗っていたものは、無事のようだ。

spd20050827d

この道は、サンパウロでも割と幹線なのである。
しかし、この部分は住宅地でもあり、カーブが連続しているところで、制限時速は30キロになっている
でも、そんなスピードを守る者は昼間でもいない。
まして、夜になるとみんなレーサーみたいなもので、タイヤをならして走り抜けていく。

今日の若者はちょっと飲み過ぎただけだろう。

いまも、事故の車を尻目に、タイヤをならして車が通りすぎていく。

spd20050827e

|

« ロマリオと麻薬 その3 元妻と子供 | Main | ブラジル・サンパウロの海岸 冬 その16 ブラジルの「ブラジル水着」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「自損事故」:

« ロマリオと麻薬 その3 元妻と子供 | Main | ブラジル・サンパウロの海岸 冬 その16 ブラジルの「ブラジル水着」 »