« ブラジルの花 その3 リモン | Main | コリンチャンスの危機 »

quarta-feira, 31 de agosto de 2005

ブラジル・サンパウロの「自損事故」 その2

8月28日の深夜3時半頃に拙宅の近くで起きた自損事故

6時前には、レッカーが車を移動した。

昼過ぎになって、現場を見に行った。

右側が、パカエンブー競技場の塀である。
一方通行の連続してカーブしている緩い上り坂。

このカーブを曲がりきれずに、白い電柱の先の電柱にぶつかって、はねて道路に黄色に塗られているところで止まったようだ。

spd20050828g

電柱には、大きく塗装の痕が付いていた。
道路には、破片が散らばっていた。

でも、その電柱を使って、コリンチャンスの旗やユニフォームを売っている人は、そんなことは何も知らないだろう。

電柱のある側の家の監視人が、「塀にぶつからなくてよかった」と言っていた。
そうだろう。

サンパウロの交通死亡事故は、
深夜に起き、
年齢は30歳以下、
性別は男性で、
飲酒しているのが多いという。

|

« ブラジルの花 その3 リモン | Main | コリンチャンスの危機 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/5720976

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「自損事故」 その2:

« ブラジルの花 その3 リモン | Main | コリンチャンスの危機 »