« ブラジルで一番の馬鹿番組 | Main | ブラジル・サンパウロの「切り取られた空」 »

sexta-feira, 23 de setembro de 2005

ブラジル人を研修させる日本企業

日本で最大のタイヤ企業がブラジルにも工場を持っている。

そこが、ブラジル東北部のバイヤ州で、新工場を建設中である。
まだ、用地を造成中で、建物は影も見えない。

spd20050831d

しかし、すでに従業員を雇用して、研修を行っている様子が紹介されていた。

spd20050831e
spd20050831f

研修を終了して、企業の名前の入った制服をもらっていた。
嬉しそうだ。

spd20050831g

そして、この中の何人かを更に日本に送って、長期に研修させるのだという。

出発前に、まず箸を使って寿司を食べる姿が映し出されていた。

spd20050831h

こうやって、ブラジル人を研修させるようなプログラムを持っている企業は良い企業である。
帰国後も、この企業に定着してくれるとよいだろう。

日本でもやはり優良と言われる企業は、この企業のように海外法人についてもちゃんとした現地従業員養成プログラムを持っている。
いくら工場の建物が立派で、何人もの日本人幹部を派遣しても、現地のスタッフが優秀でないと、その土地では生き残ってはいけない。
それは、ブラジルだけのことではないはずだ。

|

« ブラジルで一番の馬鹿番組 | Main | ブラジル・サンパウロの「切り取られた空」 »

Comments

いいニュースですね。
日本企業の海外現地法人は通常評判が悪いですが、
いまどきそんな状態だと、激しい競争に勝ち残れませんよね。
日本に留学していて日本語もそこそこ話せるようになった人たちが
「日本企業は現地採用職員の待遇が悪い。出世も望めない」と
日本以外の外資系企業に就職するような現象が解消されるといいんですけど。
(そういう友人がいるもので・・・)

Posted by: nori | sábado, 24 de setembro de 2005 08:40

>nori様
この人達が日本から帰ってきてどれくらい定着してくれるのかなあと思ってみていました。
とても若い希望に満ちた目をしていました。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 24 de setembro de 2005 18:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル人を研修させる日本企業:

« ブラジルで一番の馬鹿番組 | Main | ブラジル・サンパウロの「切り取られた空」 »