« サンパウロFCのオフィシャル・ショップ その2 内部 | Main | サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その5 楽しい合宿 2 »

sábado, 3 de setembro de 2005

ブラジルの「パネトーニ」

「パネトーニ」は本来ならば、本家のイタリアが生産量が世界で一番のはずなのだろうが、世界一の生産国になっているのがブラジル。
サンパウロ州を中心に、本国の約半分の人口の2500万人の子孫がいるといわれている。
そのせいか、サンパウロの普通のブラジル料理は、ほとんどイタリア料理っぽい。

そのブラジルでも、最大手がバウドゥッコ社Bauduccoである。
本社は、サンパウロの東隣のグァリューリョス市にある。
国際空港があるところである。

サンパウロから、このグァリューリョス国際空港に行くには、普通はアイルトン・セナ高速道路(以前はトリャバリャドーレス高速道路)を通っていき、途中で空港接続道路に入る。

空港方向に行かずに、まっすぐ行くと、この高速道路はリオ・デ・ジャネイロまで行ける。

空港方向に行かずに、しばらく行くと左手にバウドゥッコ社の大きな看板が見えてくる。
そこには巨大なバウドゥッコ社のサンパウロ流通センターがある。

spd20050901e

バウドゥッコ社は、かつては何となくパネトーニの会社という感じであったのだが、なんだか立派になってクッキーやビスケットなども美味しい会社になっている。

クリスマスで食っているような会社ではなくなった。

バウドゥッコ社のマークも一流になったようで、OEMの製品も沢山ある。
そういったものを含めて、このような巨大なセンターに集積しているようだ。

チョコレート製品もあるので、多少の温度コントロールはしているようだ。
この付近は川のそばで、霧もかかりやすい、湿気の多いところなどで、湿度の管理も必要だろう。
そのような機器類もあるようだ。

spd20050901f

日本向けに輸出される「パネトーニ」は、もう生産は終了しているだろうか。

ブラジル国内向けは、これからそろそろ生産に入る頃だろう。
スーパーにも、9月の終わりには随分と並んでくるはずである。
もちろん、12月のあの爆裂展示にはまだ早い。

|

« サンパウロFCのオフィシャル・ショップ その2 内部 | Main | サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その5 楽しい合宿 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「パネトーニ」:

« サンパウロFCのオフィシャル・ショップ その2 内部 | Main | サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その5 楽しい合宿 2 »