« サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その8 飛行機で移動 | Main | サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その9 カカ »

domingo, 4 de setembro de 2005

ブラジル・サンパウロは、リオ・デ・ジャネイロよりまだマシかも

ブラジル・サンパウロは、本当につまらない街だと思うことがある。

観光のポイントが全くないからだ。
ただただ、ビルがずーっと立ち並んでいるだけだ。
大都市というだけだ。

写真を撮っても、いいポイントが本当にないのである。

その点、リオ・デ・ジャネイロは全く違う。

青い海。
白い砂浜。
そして独特な形をした岩山。
そして、きれいなビキニのお姉さまがた。

まったく、サンパウロとは大違いである。
毎日こんな景色を見ることが出来るカリオカが羨ましい。

だけど、リオ・デ・ジャネイロには住めないなあと思うことがある。

それは、「警察と、麻薬組織間との抗争」の激しさをテレビで見るからである。

80歳の年金生活の老婆が、ビデオで麻薬取引のシーンを自宅から撮り、その映像を警察に提供した
これをもとに警察が、また摘発をして20名以上を逮捕した。
その後も、この映像をもとしにた検挙活動が続いているわけだが、この2-3日前には組織が激しく抵抗し、市街戦のようになった。

spd20050903u

場所は、リオ・デ・ジャネイロのボタフォゴというところで、海岸に近いところではなく、老婆がビデオを撮ったところの山の反対側になるところである。
老婆がビデオを撮った貧民窟と、そこは山の鞍部でつながっている。

重武装の警察と、組織の間で激しい銃撃戦があり、住民は家に帰ることが出来なくなっていた。
彼らの家は、警察の銃撃の標的となっているところにあるのだ。

spd20050903s

警察は下に陣取り、上に向けて銃を発射する。

spd20050903t

日中になると、ひとまず静かになる。
リオ・デ・ジャネイロでは、いつも貧民窟は崖にある。
一般の家とも、時には高級アパートとも隣り合っている。
高層アパートでも窓の向こうは、同じ目線で貧民窟ということがある。
だから、流れ弾がいくらでも入ってくる。

spd20050903r

そういうところに生活するのであれば、サンパウロの方がまだいいかなと思う。
サンパウロは、高級住宅街と貧民窟が隣り合うところは少ない。
起伏も少ないので、流れ弾が上まで飛び交うことはないからだ。

その前に、サンパウロではここまでの市街戦のような激しい抗争もない。

|

« サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その8 飛行機で移動 | Main | サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その9 カカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/5779550

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは、リオ・デ・ジャネイロよりまだマシかも:

« サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その8 飛行機で移動 | Main | サッカー・ブラジル代表 W杯南米予選対チリ戦 その9 カカ »