« ブラジルの「労働党」創設者の一人が亡くなった。 | Main | また寒くなったブラジル・サンパウロ »

terça-feira, 27 de setembro de 2005

ブラジル・サンパウロの「高層ビル」ランキング

3-4日前に、「サンパウロ 高層ビル ランキング」という検索ワードで、このブログに来た方がいた。

その時は、サンパウロの高層ビルのランキングデータなど持ってはいなかった。
ところが、昨日(9月25日)のFolha de Sao Pauloという一流紙に、その回答になりそうなデータがでていた。

spd20050926a
(クリックすると拡大する)

13本のビルがでているが、1本はまだ建築中である。

一番高さが高いのは、Mirante do Valeという名前のビルで170メートル(51階)である。

一般に一番高いとしてよく紹介されているEdificio Italia(イタリアビル)は、168メートル(46階)であった。

そして、12本中7本までは1929年から1965年までに建てられたもので、そして残りは1995年以降に建築されたものである。
30年のブランクは何なのだろうか。

そして、この1965年までに建築されたビルは、全て歴史的中心部セントロにあるのである。

このセントロから次の業務中心地区となったパウリスタ大通り沿いのビルは、このリストには1本も入っていない。

そして、1995年以降のビルは、すべてサンパウロ市南西部のピニェイロス川沿いの最も新しい業務地区ベリーニおよびその近隣に立地しているのである。

左から竣工順に並んでいる。

最初の3本のビルは、住所は異なるようなっているが、実は隣り合っている。

spd20050926x

真ん中の塔のあるビルがAltino Arantes(Banespa)である。
その左が、黄色くブラジル銀行のロゴマークのあるBanco do Brasilのビルである。
そして、最古のビルはAltino Arantes(Banespa)の右にある、今となっては低く見える赤っぽいビルである。

中でも、Altino Arantes(Banespa)は、無料の展望台が一般に開放されており、サンパウロ市の東、西、南、を見渡すことが出来る。
観光のポイントの一つに入れるべきである。

最も古いMartinelliビルは、サンパウロの最初の高層ビルで、イタリア人の成功のシンボルである。
内外装が素晴らしい。
上階にすてきなカフェがある。

spd20050927a

4本目のCopanは、世界的に著名なオスカー・ニーマイヤーの設計によるものである。
業務ビルでもあり、アパートでもある。 イタリアビルの隣にある。

5本目のbarao de Iguapeビルは業務ビルである。
オットン・パレス・ホテルと同じパトリアルカ広場Placa do Patriarcaに面している。

spd20050926u

最も高いMirante do Vale(=谷の見晴台という意味)は、セントロのアニャンガバウと言うところに近い。
最初の3本とも近い。
ここは業務ビルである。
しかし、最高階を誇るビルの貫禄は全くない。

spd20050926z
spd20050926y

Edificio Italiaには、最高階にイタリアレストランがある。
とても高いレストランである。窓際の席が予約できれば夜景はきれいだ。

1995年以降の新しいビルのあるところは、サンパウロの中心部セントロから8-9キロ離れている。
これらのビルが川沿いに一列に並んでいる。
ネスレなどの外資系企業のブラジル本社や国際会議場。
そしてホテルなどになっている。
高級住宅街モルンビーとは川をはさんだ向かい側になる。

|

« ブラジルの「労働党」創設者の一人が亡くなった。 | Main | また寒くなったブラジル・サンパウロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/6140310

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「高層ビル」ランキング:

« ブラジルの「労働党」創設者の一人が亡くなった。 | Main | また寒くなったブラジル・サンパウロ »