« ブラジル経済は安定 その4 ブラジル通貨での債券発行 | Main | ブラジル・サンパウロの夕暮れ »

terça-feira, 20 de setembro de 2005

「ブラジルの冷凍肉には、コカインが詰めてある」のあきれた余話。

先週、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロの冷凍倉庫で、ポルトガルに向けて輸出される予定の冷凍肉の中にコカインが詰めてあるのが、警察によって発見された
コカインの総重量は、2トン近かったのであった。

この件に関して、冷凍倉庫の社長が逮捕された。
そのほかに、この犯罪を企てたポルトガル人や資金洗浄をしたとされる有名レストランのオーナなどが逮捕された。

連邦警察は、この件を3ヶ月以上にわたって捜査しており、その成果を祝った。

さて、ポルトガル人の家の家宅捜査で、多額の米ドル、ユーロなどを含む現金も見つかっており、これらは警察の建物の中にある金庫の中に、週末に保管された。

spd20050919l

しかし、週明けの今日それが全部消えていた。

spd20050919j

情けない話である。

そんなところに、誰でも入ることができるわけでもないのに。

spd20050919c

日本円にして、約1億円である。

spd20050919b

もちろん、捜査に関わった警察関係者60-70名を調べるということだ。

spd20050919k

|

« ブラジル経済は安定 その4 ブラジル通貨での債券発行 | Main | ブラジル・サンパウロの夕暮れ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/6030921

Listed below are links to weblogs that reference 「ブラジルの冷凍肉には、コカインが詰めてある」のあきれた余話。:

« ブラジル経済は安定 その4 ブラジル通貨での債券発行 | Main | ブラジル・サンパウロの夕暮れ »