« ブラジルの「銃による殺人犠牲者が、8.2%も減った。 その1 テレビ・ニュース | Main | サッカー・ブラジル選手権 第24節終了 »

quinta-feira, 8 de setembro de 2005

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その5 ハリケーン

ブラジルには、大きな自然災害が起きていない。
日本のように、地震・台風・雪害・集中豪雨等々の自然災害のショールームのようなところとは大違いである。

少なくとも、被災者が数千人にも上るようなものは起きていないはずだ。
(ブラジル東北部では、ときどき干ばつのために悲惨な状況も起きているが、急に起きるというものではない。)

この1週間ほどは、海外ニュースは米国のニューオリンズからの映像が多いのは当然だ。
フロリダには、ブラジル人が多いが、ニューオリンズにもブラジル人が住んでおり、ブラジルにいる家族が心配している様子なども放送していた。

昨日は、日本を襲った台風の映像も流されていた。
30万人近いブラジル人が日本に住んでいるので、当然だ。

しかし、大抵のブラジル人にとっては、こういった映像を見ても、今ひとつピンとこないと思う。
このような自然災害を実際に経験したことがないからだ。

そこで、、ブラジル一の馬鹿番組Panico na TV(英語で言うと題名はPanic in TVということである)では、実際にハリケーンの強風を実感してもらおうといういう企画を立てた。

もちろん、被験者はサブリナ・サトウSabrina Satoである。

先週日曜日(9月4日)の放送時間中に、放送局の外で、装置を使って、体験させられていた。

spd20050907c

最初は、あまり強くない風で、始まった。

spd20050907d

2時間もある放送時間の中で、何回か屋外に中継を切り替えて映像を見せるのであるが、そのたびに風を強くしていった。

最後には、風に乗せて、何か粉を播いて、その粉がサブリナ・サトウの顔にこびり付いてしまった。

spd20050907e

spd20050907g

それを放送するのである。
視聴者に、ハリケーンのすごさは伝わったのだろうか。

悪い子がマネをしそうな番組である。

サブリナ・サトウは、名前の通り日系人である。
でも、半分はレバノン系の血が入っている。
でも、この顔を見ると日本人ぽいと思う。

spd20050907f

サブリナ・サトウは、この日も頑張っていた。

しかし、このPanico na TVは、よくやるとしか言えない番組である。

|

« ブラジルの「銃による殺人犠牲者が、8.2%も減った。 その1 テレビ・ニュース | Main | サッカー・ブラジル選手権 第24節終了 »

Comments

このお顔は、彼女のお母様に似てらっしゃいますね。

Posted by: DINDINHA | sexta-feira, 9 de setembro de 2005 03:10

>Dindinha様
お母様の顔を、見たことは一度しかありません。こてこての普通の日本人の地味な顔だったような気がしています。
Dinninha様は、結構テレビ通ですよね。
でもPanico na TVは見ないでしょ。
この時間だと、FaustaoかGUGUですかね。
GUGUの感動ものも毎週はちょっと疲れますね。

Posted by: Sao Paulo | sexta-feira, 9 de setembro de 2005 12:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その5 ハリケーン:

« ブラジルの「銃による殺人犠牲者が、8.2%も減った。 その1 テレビ・ニュース | Main | サッカー・ブラジル選手権 第24節終了 »