« ブラジル・サンパウロの「切り取られた空」 | Main | ブラジルGP その2 一般走行 »

sábado, 24 de setembro de 2005

ブラジル・サンパウロの「地表温度」

ブラジル・サンパウロは、人口1000万人を超える大都市である。
コンクリートで作られたビルが見渡す限り広がっている

当然、大都市特有の気候になっている。
つまり、都市の中心部の気温が高くなり、湿度が下がり、ビル風が吹き抜けるというわけである。

このことを示す地図がある。

spd20050823k

貯水池があり、緑の多い南部の郊外や北部の山地では気温が随分と低い。
中心部から東部にかけて、気温が高いことがわかる。

サンパウロ市の北東にあるグァリューリョス市にある国際空港があるところは滑走路が真っ赤になっている。

面白いのは、中心部から南西に向かってうっすらと青い帯が連なっていることである。
これは、緑の多い超高級住宅街の分布に一致する。

|

« ブラジル・サンパウロの「切り取られた空」 | Main | ブラジルGP その2 一般走行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/6090129

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「地表温度」:

« ブラジル・サンパウロの「切り取られた空」 | Main | ブラジルGP その2 一般走行 »