« ブラジル・サンパウロの小鳥 その24 | Main | ブラジル経済は安定 その4 ブラジル通貨での債券発行 »

terça-feira, 20 de setembro de 2005

ブラジルの携帯電話

ブラジルの携帯電話台数が、今年8月末で、約79百万台になったそうだ。

8月の販売台数は、236.8万台で、前月比3.09%の増加だそうである。
それで、8月末の台数が、78,947,332台になったということである。
前年同月比38.5%の増加である。
今年1月から8月まででは、13,341,755台の増加だそうだ。

このうちプリペイドタイプが64,984,644台で、81.18%となっている。
携帯そのものが盗まれることもあり、プリペイドが望ましいのは言うまでもないことである。
また、富裕層が子供や使用人に持たせるために携帯を与えることがあり、必要以上に使わせないもしくは受信専用として使わせるためと言うこともある。
1年前の比率は、79.42%だった。

契約番号では、国民100人あたり42.85人が持っていることになり、7月に比べて2.96%増加し、前同月比34.62%の増加となる。

もっとも携帯電話が普及しているのは、首都ブラジリアのある連邦特別区で住民100人あたり117台ということである。
サンパウロ市では、47.77台である。

携帯電話会社別では、もっとも大きなシェアを持っているのはVivoで、シェアは36.47%である。
ついで、TIMで22.81%。
Claroが3番目で21,68%、さらにOiの11.05%となる。

システム別ではGSMが37,043,742台で、46.92%。
CDMAが、22,552,092台で、28.57%。
TDMAが、19,181,283台で、24.30%。
更にアナログが170,215台で、0.22%あるそうだ。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その24 | Main | ブラジル経済は安定 その4 ブラジル通貨での債券発行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/6031113

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの携帯電話:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その24 | Main | ブラジル経済は安定 その4 ブラジル通貨での債券発行 »