« ブラジル・サンパウロの小鳥 その22  | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その5 ハリケーン »

quinta-feira, 8 de setembro de 2005

ブラジルの「銃による殺人犠牲者が、8.2%も減った。 その1 テレビ・ニュース

ブラジルの「銃による殺人犠牲者」が、2004年は2003年に比べて、8.2%も減ったと、テレビで華々しく伝えていた。

spd20050901r

人数にすると、36,091人で、前年より3,234人減ったという。
それでも、凄い人数なのだが、減ったことは何よりである。

spd20050901s

特に、マットグロッソ州やサンパウロ州では20%近くも減少しているのである。

spd20050907m

これは、昨年から続いている「不要銃器の供出運動」の大きな成果という評価をしていた。
個人の家にある銃器を警察に持っていけば、幾ばくかのお金をくれるのである。
警察はこうして集めた銃器を、廃棄している。

「銃があるから、事件が起きるのだから、その原因となる銃器をなくせばよい」という発想である。

もっともなことである。
米国ではこういう議論があっても、「全米ライフル協会」が大圧力団体として反対をするから実施できないのが、ブラジルでは実際に今進行している。

かつては、街で簡単に銃を買うことが出来た。
リボルバーなんで、日本円で数千円であった。

今は、完全に登録制になっている。

さらに、今後は一般の市民は新たに銃を理由無く手に入れることは、不可能になるし、登録のない銃を持っていることは、罪に問われることになっている。

一般の市民が銃を手放しても、麻薬組織や強盗などは、銃を密かに持ち続けるに決まっているから、かえって危険だという反論も当然のように起きたようであるが、実際にはどんどん銃を持ってきているようだ。
強盗に下手に抵抗する方が、命が危ないからと見ているからだろう。

そういう減ったという事実だけが、テレビでは伝えられた。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その22  | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その5 ハリケーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「銃による殺人犠牲者が、8.2%も減った。 その1 テレビ・ニュース:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その22  | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その5 ハリケーン »