« サッカー・南米杯 その16 コリンチャンス対プマスの観戦 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第33節 コリンチャンス対パラナ »

sábado, 22 de outubro de 2005

ブラジル・サンパウロには、いよいよパネトーニの季節が到来。 その2

ブラジル・サンパウロのスーパーにパネトーニPanettoneが並び始めたのは、10月に入ってからだ

そして、それから3週間。
ナタウ(=クリスマス)まで、2ヶ月になっている。

そして、スーパーでは完全にパネトーニ態勢になっていた。

つまり、そこかしこに山積みになってきたのである。

パン売り場にパネトーニ。
お菓子売り場にパネトーニ。

乳製品売り場にパネトーニ。
冷凍食品売り場にパネトーニ。

野菜売り場にパネトーニ。

洗剤売り場にパネトーニ。

レジ前にもパネトーニ。

パネトーニにチョコトーニ。

あっという間に、「爆裂展示」になっていた。

冷凍食品の棚の上にも、いくつもの山になってパネトーニが展示されている。

spd20051021q

カートの中に入れている人が、やっぱりいるいる。

それで、バウドゥッコのものを手始めに買ってみた。

|

« サッカー・南米杯 その16 コリンチャンス対プマスの観戦 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第33節 コリンチャンス対パラナ »

Comments

すごい!
パネトーニの山ですね!
でも、パスコアの爆裂よりは、まだおとなしめでしょうか?
日本にあるブラジル食材店ではバウドゥッコを扱っているところが多いみたいですが、まだ見かけません。

ところで、、、Noite de Bruxaのイベントの飾りつけなどは、あまり見かけないのでしょうか?
アメリカでは、カボチャの飾りつけがされていた記憶があるものですから。

Posted by: maria do japao | quinta-feira, 27 de outubro de 2005 12:26

>maria do japao様
卵は棚で吊しますが、パネトーニは積み重ね。これからまだまだ、高さを増すと思いますよ。楽しみに。
元々ブラジルには「カボチャ」の習慣はありません。
この10年くらい、商業主義の影響で、富裕層の子供の行事として行いはじめたくらいです。
でも、飾りなどは徐々に普通の売り場のボリュームを増しているようです。
たぶん、変装した子供が何か貰いにやってくると、知らない子供だと間違いなく撃たれるかもしれません。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 27 de outubro de 2005 19:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロには、いよいよパネトーニの季節が到来。 その2:

« サッカー・南米杯 その16 コリンチャンス対プマスの観戦 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第33節 コリンチャンス対パラナ »