« ブラジルは10月23日に国民投票 その10 開票はじまる | Main | ブラジルは10月23日に国民投票 その11 開票ほぼ終了 »

segunda-feira, 24 de outubro de 2005

気さくな「サッカー・ブラジル代表」の記者会見 その3 あまりにひどい余話

サッカー・ブラジル代表は、「たいそう心が広くて」ブラジル一の馬鹿番組panico na TVの一行まで、記者会見場にはいることが出来る。

そして、ブラジルのきらめく代表選手達に、とんでもないおふざけをしても許される

キャプテンのカフー、ルイース、ロッキ・ジュニオールなども、実は毒牙にかかっていた。
ロッキ・ジュニオールは、テレビに映りたがりなほうだから、まあ多少は許されるかもしれない。
カフーやルイースは、真面目なのである。
ロナウドやロベルト・カルロスの様に、本人がおふざけ好きという人は、まあしょうがないが。

これもまた真面目なロナウヂーニョ・ガウーショは、本当に災難のようだった。
顔がこわばっていた。
音楽だったらよかったのに。

そして、おふざけには似つかわしくない人がもう1人いて、それはカカである。

カカは、記者会見場には出て来ていたのだろうが、運良く「連中」につけいる隙を与えなかったのだろう。

実は、カカは別のところで捕まっていたのである。
それは、マスコミといえども立ち入り禁止の、客室フロアの廊下である。
このrede TVのpanico na TVのクルーは、非常階段などを使い、ブラジル代表が使用している客室フロアにまで潜入し、遂にカカと遭遇したのであった。

もちろん、そのシーンも放送されている。
(自らの悪事を自白しているようなものである)

spd20051020i

そしても、もっと「けしからん」のは、今度はホテルの地下にあるラウンドリーに突入したことである。

spd20051020g

そして、ブラジル代表選手達が出した洗濯物を探ったのである。
カフーのパンツ。
ロナウドのパンツ。
ロナウジーニョ・ガウーショのパンツ。

それらが、映像として放送されたのである。

spd20051020h

本物だったかどうかはわかないが、そうではないと信じたいものである。

ブラジルでは、ここまで「サッカー・ブラジル代表」をおもちゃにしても、許されているのである。

「レッド・カード」はないのかな。

|

« ブラジルは10月23日に国民投票 その10 開票はじまる | Main | ブラジルは10月23日に国民投票 その11 開票ほぼ終了 »

Comments

すごい・・・代表選手のパンツが放送されるなんて・・!!日本じゃありえないですよねぇ。Panico na TV、是非ブラジルに行ったら見て見たいです(笑)

Posted by: Batatinha | segunda-feira, 24 de outubro de 2005 22:25

>Batatinha様
本当にひどい番組だと思います。
他には、こんな方向の番組はないんですけどね。

Posted by: Sao Paulo | terça-feira, 25 de outubro de 2005 22:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気さくな「サッカー・ブラジル代表」の記者会見 その3 あまりにひどい余話:

« ブラジルは10月23日に国民投票 その10 開票はじまる | Main | ブラジルは10月23日に国民投票 その11 開票ほぼ終了 »