« サッカー・ブラジル選手権 第32節終了 | Main | ブラジルで「口蹄疫」発生 その4 新たに3件の発生を確認 »

segunda-feira, 17 de outubro de 2005

ブラジル・サンパウロに「牛」 その15 

ブラジル・サンパウロの市内のあちこちに、「牛」に出現して、約1ヶ月が経った。

このCow Paradeというイベントが、盛り上がっているのかいないのかよくわからない。

歩いていけそうなところにいる牛は、一応見たと思うのだが、最近とみに出不精なので「歩いていけないようなところ」には、生活に関係しない用事がない限りあまり行かなくなって、もっと色々な「牛」がいるはずなのだが、見ていない。

サンパウロのような街で、「歩くこと無しに行けるところ」はそれほど無いのが、現実である。
車がないと、どこにも行けない。

先日、久しぶりに市内南部にある「ショッピング・モルンビー」に行った。

名前に「モルンビー」と、サンパウロの高級住宅街の名前が付いているが、モルンビーにあるわけではない。
川の向こう側がモルンビーである。
もちろん、モルンビーの住民にとっては近いショッピングの一つであるので、客層に「背の高い白人」が多いのも事実である。
でも、一見して「客層からはずれているような人たち」も紛れ込んでいるところでもある。

spd20051016i

ここに行ったのは、多分、昨年12月以来だと思う。
高級で、規模も大きいので時間つぶしにはぴったりなところなのだが、車が渋滞していると拙宅からは1時間位もかかりそうなところにあるし、駐車場が平日でも混んでいるので、わざわざ行くのが面倒になっていた。
それに、拙宅のすぐ近くには、規模は小さいが高級なショッピングで、とてもシックな雰囲気のパチオ・イジェノポリス"Patio Higienopolis"が歩いていけるところにある。

市内には高級ショッピングセンターはほかにもあり、一応サンパウロ市内のショッピングセンターには高級なものもそうではないものも全て行ったことがあるのだが、高級ショッピングに出店している店はどのショッピングセンターにもあって、どこでもあまり変わらないのである。

高級ショッピングセンターの中でも、パチオ・イジェノポリスと、ショッピング・ヴィラ・ロボスと、段違いに高級でブランド店が多いショッピング・イグアテミでは、「一見して客層ではない人」にはまずお目にかからない。
ブラジルの残酷な現実の一面を見る思いがする。
ただ、安心して買い物ができる気がするのも事実である。

先週は、たまたま市内南部に行く用事があったので、このモルンビー・ショッピングセンターに行ってみたのである。

そうすると、その中に一頭の「牛」がいた。

spd20051016h

ピンクの「もわもわ」とした牛だった。

「牛」がサンパウロにいるのも、残り1ヶ月足らずであるが、もう少し見てみようかという気になった。


|

« サッカー・ブラジル選手権 第32節終了 | Main | ブラジルで「口蹄疫」発生 その4 新たに3件の発生を確認 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/6439938

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロに「牛」 その15 :

« サッカー・ブラジル選手権 第32節終了 | Main | ブラジルで「口蹄疫」発生 その4 新たに3件の発生を確認 »