« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場 | Main | ブラジルで15歳の少女が死亡 »

quarta-feira, 5 de outubro de 2005

ブラジル・サンパウロで開催の「イタリア・カラブリアの芸術作品展」

ブラジル・サンパウロのパカエンブー地区にはFAAPという財団の本部がある。
すでに紹介したのだが、かつてのコーヒー王の遺産で出来た財団で、芸術活動に力を入れている。
ここには大学もあるが、美術館Museu de Arte Brasileira da FAAPもある。

この美術館で、9月26日から11月13日まで、イタリアのカラブリア地方の教会などあった宗教芸術作品など104点の美術展が開催されている。
美術展は、“Obras Primas da Calábria”という名称である。
14世紀から20世紀までの、絵画や彫刻、工芸品などが展示されている。

彫刻は、銀や象牙などで制作された珍しいものもあった。

見知ったような作品は無いが、あまり日本では紹介されないタイプの作品が多かった。
やはり、カトリック国として通じるものなのだろう。

行ってみて、とても良かった。
それに入場料は、これで無料である。

そして、拙宅の場合は、歩いて10分くらいである。
イジェノポリスビラボイン広場からは徒歩2分である。

spd20051003a

“Obras Primas da Calábria”
期間: 2005年9月26日から11月13日まで
場所: FAAPブラジル美術館Museu de Arte Brasileira da FAAP
住所: R. Alagoas, 903, Prédio 1 - São Paulo, SP
時間: 火曜日から金曜日 10時から20時
    土曜日・日曜日   13時から17時          
インフォメーション: (11) 3662.7198

敷地内に有料駐車場あり。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場 | Main | ブラジルで15歳の少女が死亡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロで開催の「イタリア・カラブリアの芸術作品展」:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場 | Main | ブラジルで15歳の少女が死亡 »