« ブラジル・サンパウロのネット事情 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場 »

quarta-feira, 5 de outubro de 2005

ブラジルの「黄金銃を持つ男」

「黄金銃を持つ男」とは、007シリーズの一つの作品名である。
この作品の「黄金銃を持つ男」は、007シリーズの初期作品に多いスペクター等の悪の組織の男ではなく、一匹狼の殺し屋であった。
そこが、この作品がそのほかの007シリーズとは異なっているところである。
 ※007シリーズは、実はすべてDVDで持っている。

さて、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロでは麻薬組織同士の抗争に、警察も絡んで、夜毎撃ち合いが尽きないようである。

いつも思うことだが、市内の高級アパート街のすぐ側にも、ファヴェーラがあり、流れ弾が飛んでくるとは、ちょっとサンパウロでは考えられない状況である。

先週末に、警察の麻薬組織に対する捜査により、「黄金銃」が見つかり、押収された。

spd20051004k

本当に黄金で出来ているのかどうか、分析をすると言っていた。
また、黄金であれば、とてつもない金額のものになるはずで、その持ち主は誰だったのかと話題になっている。

spd20051004l

リオ・デ・ジャネイロの西部のロッシニャにある最大級のファヴェーラで見つかったもので、おそらくここの麻薬を取り仕切っているベンチビーBen-te-viのものではないかと言われている。

ちょっと本物だったら、頬ずりしても良いかも。
頬を弾がかすめるようなのは嫌だけど。

spd20051004m


※その後の警察の発表によると「金」ではないことが判った。
  「銅」製だった。

|

« ブラジル・サンパウロのネット事情 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/6261378

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「黄金銃を持つ男」:

« ブラジル・サンパウロのネット事情 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場 »