« ブラジルの「黄金銃を持つ男」 | Main | ブラジル・サンパウロで開催の「イタリア・カラブリアの芸術作品展」 »

quarta-feira, 5 de outubro de 2005

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場

ブラジルの日系人タレントとして、大人気のサブリナ・サトウSabrina Sato

レギュラーで出演しているrede TV局のPanico na TVという番組では彼女のコーナーを持っている。
毎週、色々なことにチャレンジさせられるのであるが、9月22日に撮影中の事故により怪我をして、入院してしまった

9月25日(日曜日)の生放送には出演できず、「ダチョウから落ちて」怪我をするところが映し出された。

そして、その放送から1週間経った10月2日の生放送も、サブリナ・サトウの姿はなかった。

その代わりに、日系人の女性2人が出演していたが、やはりサブリナ・サトウほど華がない。
番組の中で、サブリナ・サトウに何度か電話をかけて、声を聞かせていた。

そのうちに、サブリナ・サトウが「今からそっちに行く」と言い出した。
司会者をはじめとする番組レギュラー陣は、「ちゃんと療養していろ」「来ては駄目」なんて言っていた。

番組は、通常通り馬鹿なコーナーを次々と披露していた。

下院議員を罷免されたロベルト・ジェファーソン本人にインタビューしたり、
サンパウロFCの練習場を訪れてインタビューをしようとして断られたり、
いつもながらの「よくやるわ」というネタの連発だった。

そして、2時間にもわたる番組も最後にさしかかった頃に、
サブリナ・サトウがやってきた。

それも救急車に乗ってである。
サンパウロの西郊BarueriにあるRede TVのスタジオのすぐ外に救急車が止まり、後部のドアを開けると、ストレッチャーに横たわるサブリナ・サトウがいた。

その救急車からそのまま降ろし、ストレッチャーを立てて、車いすのようにした。

spd20051003v

そして付き添いの人が押して、スタジオまで入ってきた。

spd20051003w

あとは、泣いたり、わらったり。

spd20051003x
spd20051003y

いつもの「泣かせるのが好きな」そして、「感動好きの」ブラジルの番組のつくりである。
とにかくブラジルは、こういった基本が「馬鹿番組」でも、泣かせるコーナーを作りたがる。
そうするととても視聴率がよいらしい。

spd20051003z

だいたい、「サブリナ・サトウ」がこういった形で出演することは予想がついていた。

サブリナ・サトウの登場については、もう少し後にするはずであったが、諸般の事情により早めた。

今週のPanico na TVは、また一段と各コーナーの馬鹿加減に捻りがきいてパワーがあったので、追って紹介する。

サブリナ・サトウについては、何もこのブログが独占しているわけではないが、いちおう約1年間紹介している
「馬鹿番組」つまりお笑い番組というのは、その元ネタが理解できていないと面白くないわけである。
それは日本のバラエティーでも同じことである。
段々と理解できてきているのが、やや喜ばしい。

サブリナ・サトウについて、彼女が昨年12月のブラジル・プレイボーイ誌の表紙を飾った時の、その掲載写真をサイトで見ることが出来ることを紹介しておく。
今までは、紹介していなかったのだが、気が変わった。
奇特な人がいることに感謝。
このプレイボーイ誌は、購入しようかどうか考えているうちに、売り切れてしまった。

|

« ブラジルの「黄金銃を持つ男」 | Main | ブラジル・サンパウロで開催の「イタリア・カラブリアの芸術作品展」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その11 元気に登場:

« ブラジルの「黄金銃を持つ男」 | Main | ブラジル・サンパウロで開催の「イタリア・カラブリアの芸術作品展」 »