« ブラジル・サンパウロの「ひび割れた」ビル | Main | ブラジル・サンパウロの「加湿器」 »

segunda-feira, 28 de novembro de 2005

ブラジル・サンパウロは「快晴」だった。

今日(11月27日)の日曜日は、朝からほぼ快晴だった。
空がとても青く、高く感じた。
でも気温は日中になってもそれほど上がらず、風もこころなしか冷たく感じた。

サンパウロは、大体午前10時頃までは、いつもそれほど暑くない。
それから一気に寒暖計の目盛りが上昇し、30度前後にまでなる。
もう太陽がほぼ真上にあるので、日なたを歩くのはとても暑い。
でも、木陰などの日陰は涼しく、室内も1階では涼しいどころではなかったりする。

今日も、16時を過ぎて、日が傾き始めると、また気温が一気に下がり始めた。

サンパウロは、一日に四季があるとも言われるが、全くその通りである。

夏服も、冬服もしまうことが出来ない。
いつも、用意している。

ちゃんと、気温に応じて着替えていかないと、確実に体調を壊してしまう。

今日は、ブラジル選手権の「コリンチャンス対ポンチ・プレッタ」の試合の日であったが、拙宅の方は静かであった。
試合の行われたモルンビー競技場の方は、さぞかしだったろうと思うが、試合場に向かう車のクラクションもあまり聞こえなかった。

試合中もときどき花火が上がるくらい。

試合後も同様に、意外なほど静かだった。

いい日曜日だった。

15時頃のパウリスタ大通り
サッカーの試合の開始時間が近いせいだろうか車も少なかった。
spd20051127j

|

« ブラジル・サンパウロの「ひび割れた」ビル | Main | ブラジル・サンパウロの「加湿器」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「快晴」だった。:

« ブラジル・サンパウロの「ひび割れた」ビル | Main | ブラジル・サンパウロの「加湿器」 »