« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その19 スタジオ復帰  | Main | ブラジル・サンパウロに「サッカー博物館」が設置される。 »

quinta-feira, 10 de novembro de 2005

ブラジルの海賊版事情

ブラジルは、海賊版のCDやDVDそしてコンピューター・ソフトやゲームがあふれている。

CDは7割くらいがコピーといわれている。

そのことをよく示す実話がある。

ブラジルで2ヶ月くらい前に封切られた映画で「フランシスコの2人の息子2 Filhos de Francisco」というような題名の映画がある。
セルタネージャの大歌手のゼゼ・ヂ・カマルゴとルシアーノZezé Di Camargo e Lucianoの兄弟の話である。

涙涙の大感動映画で、大ヒットした映画である。
アカデミー賞にノミネートされるという「ブラジルでの」噂もある。

ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァも、専用機に備え付けられているDVDでこの映画を鑑賞して、感動したと感想を漏らした。
10月に、モスクワに行ったときの機中での事である。

ところが、SONY PICTURESではまだDVDを発売していないのである。
店頭に並ぶのは、12月7日である。

SONY PICTURESによれば、おそらくもう50万枚は海賊版として販売されただろうという事である。

「大統領がDVDを見たと言う事は聞きましたが、我々からCOPYを送ったという事はありません。 彼は知らなかったに違いありません。 それが海賊版だったということを。」
発売の記者会見でソニーのジェネラルマネージャーWilson Cabral Bragaはこういった。

そういえば、サッカー・ブラジル代表も9月の合宿時に見たはずだが

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その19 スタジオ復帰  | Main | ブラジル・サンパウロに「サッカー博物館」が設置される。 »

Comments

私も聞きました、アカデミー賞のうわさ・・・
否定するのもなんだから、黙っていましたが(笑)

映画とか見に行くと、始まる前に必ず「海賊行為は犯罪です!」という広報が入るんですよね~。でも封切り作品を定価で買うと、法外に高すぎるんじゃないですか。これじゃカメローが商売するのを止められませんよね。

Posted by: 非国際人 | quinta-feira, 10 de novembro de 2005 at 11:45

>非国際人様
ブラジルの映画は、ちょっと泥臭いですよね。
なんですかね。
カメローもなくなりませんね。
毎日警察が取り締まっても、すぐに戻ってきますね。
売れているのでしょうかね。
しゃんとした商店主達はどう思っているのでしょうね。
なんですかね。
これから、年末までみんな大変ですね。
よいナタウを迎えたいからですね。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 10 de novembro de 2005 at 20:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7016181

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの海賊版事情:

» Dois Filhos de Francisco [非国際人養成講座]
9月の7日、ブラジルは独立記念日で休日であった。そこで前日の夜、妻と久しぶりに映画を見に行った。ブラジルでは超有名な男性デュオ"Zeze di Camargo e Luciano"の自伝を元にした映画だと言うから実は全く期待していなかったが、... [Read More]

Tracked on quinta-feira, 10 de novembro de 2005 at 11:37

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その19 スタジオ復帰  | Main | ブラジル・サンパウロに「サッカー博物館」が設置される。 »