« ブラジルの「黒人覚醒の日」 | Main | ブラジル・サンパウロに「牛」 その32 MUBE »

domingo, 20 de novembro de 2005

ブラジルの「風呂敷」

ブラジル・サンパウロ州を中心にブラジルには、日系人が約150万人暮らしているといわれている。
ブラジルの人口の1%に満たないので、他の地域に行くと誠に珍しい存在である。
サンパウロ市内でも、日系人の顔をよく見るところは東洋人街のあるリベルダーヂが筆頭である事はもちろんである。
そのほかの地域でも、何となく日系人が多いなあと思うとこともあるし、全然いないと思うところもある。
リベルダーヂの南に広がる地域アクリマソン、ヴィラ・マリアーナ、サウヂや、サンパウロの東部には比較的多いように思える。
西部では、中央卸売市場のあるセアザの関係なのかジャグアレやヴィラ・ソニアにも多いように思える。
日本食品店を時々見かける。

拙宅のある地区では、どういうわけか実はあまり日系人を見ない。
ペルヂーゼス、スマレ、ポンペイアと西に連なる住宅街にもあまり多くない。
いいところなのだが。

さて、先日車で拙宅を出かけてすぐのところで、面白い物を見つけた。

車の後部に、「風呂敷」が乗せてあった。
いかにも「風呂敷」といった色づかい。
spd20051118f

やっぱり日系人の一家が乗っていた。
日本でもあまり見かけなくなった「風呂敷」。

何か「贈答」の「品」でも包んであるのだろうか。

|

« ブラジルの「黒人覚醒の日」 | Main | ブラジル・サンパウロに「牛」 その32 MUBE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7226680

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「風呂敷」:

« ブラジルの「黒人覚醒の日」 | Main | ブラジル・サンパウロに「牛」 その32 MUBE »