« ブラジル・サンパウロのスーパー・マーケット | Main | ブラジル・サンパウロに「牛」 その30 セントロ2 »

sexta-feira, 18 de novembro de 2005

サッカー・世界クラブ選手権 サンパウロFC その5 シシーニョは語る。

ブラジル・サンパウロの名門サッカークラブのサンパウロFCの右のサイドバックで、ブラジル代表のシシーニョが、11月17日木曜日に、サンパウロFCのバッハ・フンダのトレーニングセンターに戻ってきた。
11月12日に行われたブラジル代表対UAE代表の親善試合に出場したあとに、イタリアに行って市民権の最終的な手続きを行ってきて、イタリアから戻ってきたのである。

シシーニョは、レアルマドリがシシーニョを「買う」オプション権を行使しない可能性があるなんて知らない、もうロビーニョ、ロナウド、ロベルト・カルロスが住んでいるところと同じところを借りるようにしている、欧州の他のクラブに貸し出されるなんで受け入れられないといった。
もし、レアル・マドリの一員としてプレイできないならば、サンパウロにそのままいると先手を打った。

「レアルマドリが自分の契約を忘れていると言ったんだ。でもそれについて何も知らない。5年の契約にサインをした。それでサンパウロFCが交渉して、来年の1月からレアル・マドリに行く事にしたんだ。
他に2人の選手が同じポジションにいるから、レアルマドリが自分を貸し出したいとまでする。
でも、ワールドカップの年に小さなクラブでプレイする事は受け入れられない。彼らにとってそれは明らかな事だ。
もし自分がレアルマドリでプレイしないならば、彼らは自分をサンパウロFCに貸せば」とシシーニョは言った。

2006年のワールドカップのブラジル代表として戦うための最終的な招集まで、シシーニョはサンパウロFCでリベルタドーレス杯を戦うためにサンパウロFCにずっといる可能性について明らかにした。
シシーニョにとって、レアルマドリが彼を次のシーズンにプレイさせないならば、それが唯一の代案だという。

「もう、レアルマドリの役員には、ワールドカップを戦うための活動を続けていく事が必要だと言った。 もうすぐそこに来ているワールドカップを戦うチャンスを失うようなクラブには行かない。 
1月からレアルマドリで試合をするか、もしくはサンパウロFCにずっといるか。 他の可能性はない。」と、シシーニョは釘を刺した。

|

« ブラジル・サンパウロのスーパー・マーケット | Main | ブラジル・サンパウロに「牛」 その30 セントロ2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・世界クラブ選手権 サンパウロFC その5 シシーニョは語る。:

« ブラジル・サンパウロのスーパー・マーケット | Main | ブラジル・サンパウロに「牛」 その30 セントロ2 »