« サッカー・世界クラブ選手権 サンパウロFC その4 トレーニング再開 | Main | ブラジルに、マネ・ガヒンシャの息子がやってきた。 »

terça-feira, 15 de novembro de 2005

サッカー・ブラジル選手権 第38節 パルメイラス対サンパウロFC 観戦

11月12日、サッカー・ブラジル選手権 第38節の第1日目に行われたパルメイラス対サンパウロFCの試合を見に行った。

キックオフは16時10分の予定。

サッカーの試合が始まるというのに、余りにも平穏そうなパカエンブー競技場
ゆっくり出かけた。

試合開始の20分ぐらい前に、競技場へ入ったのだが、思った以上に人はいなかった。
(クリックすると拡大する)
spd20051113t

パルメイラス対サンパウロFCという伝統の一戦で、本来ならばとても緊迫する一戦のはずなのだが、警備の警察自体が驚くくらいの静かさであった。

パルメイラスは、本当のホームであるパルケ・アンタルチカで試合をしたかったのだが、混乱をおそれたCBF(ブラジル・サッカー協会)がパカエンブー競技場で行うように指示をしたのだが、それも全くの杞憂であった。
ヘリコプターが球場周辺の監視もしていたけれど、必要なかった。
spd20051113w

パルメイラスの応援団もわずか。
spd20051113u

そして、サンパウロFCのほうもわずか。
サンパウロFCのファンは分散するのが好きらしい。
spd20051113v

最初にサンパウロFCの選手が入ってきて、ファンに挨拶をし、ウォームアップを始めた。

キックオフの予定時間になってやっとパルメイラスの選手が現れた。
パルメイラスのキーパーは、マルコス。
2002年のワールドカップでは、彼が正キーパーであった。
でも、ブラジルは攻撃面ばかり注目されているので、キーパーは目立ちません。
ドイツのカーンがいいところを持っていった。
そのマルコスも、最近はあまりブラジル代表にも呼ばれなくなった。
spd20051113x

もちろん、一番の有名人は、エーメルソン・レオン監督である。
たちまち記者に囲まれる。
spd20051113y

パルメイラスも、サンパウロFCもキャプテンはともにキーパーである。
spd20051113z

サンパウロFCのキーパーである、ロジェリオ・セニ。
2002年のワールドカップでは、今の正キーパーのヂーダとともに控えであった。
spd20051114a

サンパウロFCのクリスティアン
活躍しているのだか、していないのだか。
spd20051114b

パルメイラスのファン組織”マンシャ・ヴェルヂMancha Verde”のお兄さん。
有事の際は怖いのだろうか、この日は大人しかった。
spd20051114c

後半の開始時、サンパウロFCのアウツオーリ監督が入ってきた。
spd20051114d

レオン監督のところへ挨拶に行って、ちょっと話し込んでいた。
アウツオーリ監督の前任者は、レオン監督である。
レオン監督のところへは、サンパウロFCの選手だけではなくスタッフまでが次々と挨拶に行っていた。
spd20051114e

ロジェリオ・セニのフリーキック。 独特の前傾姿勢だ。
spd20051114f

たまに、コリンチャンスではない試合も面白い物だ。
雰囲気が違う。


|

« サッカー・世界クラブ選手権 サンパウロFC その4 トレーニング再開 | Main | ブラジルに、マネ・ガヒンシャの息子がやってきた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権 第38節 パルメイラス対サンパウロFC 観戦:

« サッカー・世界クラブ選手権 サンパウロFC その4 トレーニング再開 | Main | ブラジルに、マネ・ガヒンシャの息子がやってきた。 »