« ブラジル・サンパウロに「牛」 その25 ブリガデイロ・ファリア・リマ大通り9 ショッピング・イグアテミ1 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第38節 パルメイラス対サンパウロFC »

sábado, 12 de novembro de 2005

サッカー・ブラジル代表 親善試合アブダビ その1 アブダビ対ブラジル

サッカー・ブラジル代表にとって、2005年最後の試合となったアブダビ代表との親善試合が、11月12日15時35分(ブラジリア時間)に始まった。

15日に予定していたクウェートでの試合が「延期」となったため、選手を試したいというパヘイラ監督の目論見は変更を余儀なくされた。

ブラジルの先発メンバーは、アブダビに敬意を表して、「最強メンバー」で臨むと発表されていたが、実際その通りのメンバーである。
spd20051112i

(UAEの先発メンバー)
spd20051112f

(ブラジルの先発メンバー)
spd20051112g

しかし、FIFAからは6人までの選手の変更を認めるという許可を得ているという事で、後半には今回招集したエヂミウソンやフレッヂなどを入れるものとみられる。

入場券は無料で配られたらしいが、半分しか入っていない。


前半20分   カカのゴール。
          1対0。
         しかし、親善試合なのでブラジル代表は本当に力が入っていない。
         軽く流しているような試合。
         DFが上がっていて、アブダビにカウンターを食らって、シュートをされている。
         いつもは滅多にない明らかなパスのミスもかなり目立つ。

前半37分  試合は、ほとんどUAEサイドで行われており、ブラジル代表は65%程度球をキープしている。
         しかし、激しい試合ではない。
         
前半38分  UAEのゴールも、オフサイド。

前半40分  またUAEがフリーになった。
        しかし、ゴールははずした。

   今日の試合でいい人は、カフー(一番シュートをしている
                  カカ(動いていて、右からの組み立てが多い)
                  エーメルソン
                  ルーシオ

   今日の試合で悪い人は、ロベルト・カルロス(疲れているようで、走っていない。)
                  ロビーニョ(動いているが、ポジションが中途半端)
                  アドリアーノ(心はイタリアにあるような)
                  ゼ・ロベルト(球にさわっていないような)

   ロナウヂーニョ・ガウーショが、球を持ちすぎている。
   球を出す相手であるはずのアドリアーノとロビーニョが、いつも前にいない。

前半45分 前半終了。

終了直後のインタビューでパヘイラ代表監督は、4名交替させると言った。
(パヘイラ代表監督が、交替を明言するのは珍しい)

ブラジル代表の支配率は71%という驚異的な割合。

後半になって新たにはいるのは、次の4名。
   ロッキ・ジュニール(ジュアン)
   グスタヴォ・ネリー(ロベルト・カルロス)
   エヂミウソン(ゼ・ロベルト)
   フレッヂ(ロビーニョ)

16時38分 後半開始。
後半6分   グスタボ・ネリーに対するファール。
        ペナルティーを得る。
        アドリアーノのゴールが決まる。
        2対0。
        グスタボ・ネリーが入った事で、左からの攻撃が出来るようになった。
後半12分  フレッヂのゴール。(代表として最初のゴール。)
        3対0。

後半14分  ブラジルの選手交替。
          アドアリアーノ(ジュニーニョ・ペルナンブカーノ)
          リカルヂーニョ(ロナウヂーニョ・ガウーショ)

          ※ロナウヂーニョ・ガウーショにもいいところがなかった。
           ロナウヂーニョ・ガウーショのゴールが見たかったのに残念だ。
           選手も彼にチャンスを与えようと、球を集め始めていたのであるが。

後半17分  ブラジルの選手交替
         シシーニョ(カフー)
         ジウベルト・シウヴァ(エーメルソン)
        ※6人が限度のはずなのに無視して8人交替させた。
         パヘイラ代表監督の豪腕。

         交替していないのは、ヂーダ、ルーシオ、カカ。

後半19分  ジュニーニョ・ペルナンブカーノのからのコーナー・キックに頭であわせたルーシオのゴール。
        4対0

後半25分  ジュニーニョ・ペルナンブカーノが、フリーキックをゴール隅に決める。
         5対0

         後半のブラジル代表になって、動きが全然違っている。
         パヘイラ代表監督にアピールしなければならないから、親善試合など関係ないわけである。
         本気の試合はきびきびして面白い。
         ブラジル代表の2軍になるわけだが、今回は連携がよい。
          ブラジルの層の厚さを、改めて知る事になった。 

後半34分   グスタボ・ネリーからのクロスを、ジュニーニョ・ペルナンブカーノが頭で押し込む。
         6対0。

後半39分   ジュニーニョ・ペルナンブカーノからクロスを、フレッヂがゴール。
         7対0。

後半43分   ロスタイム4分。

後半45分  シシーニョのゴール。
         8対0。

        試合終了でもないのに、花火が上がっている。

後半49分  試合終了。
         ブラジル勝利 8対0。

(ブラジルおよびUAEの監督)  
spd20051112h   

※ニュース映像
「20051112Selecao-UAE.wmv」をダウンロード

(試合完全映像あり)
※※関心のある方は連絡を。   

|

« ブラジル・サンパウロに「牛」 その25 ブリガデイロ・ファリア・リマ大通り9 ショッピング・イグアテミ1 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第38節 パルメイラス対サンパウロFC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 親善試合アブダビ その1 アブダビ対ブラジル:

« ブラジル・サンパウロに「牛」 その25 ブリガデイロ・ファリア・リマ大通り9 ショッピング・イグアテミ1 | Main | サッカー・ブラジル選手権 第38節 パルメイラス対サンパウロFC »