« サッカー・ブラジル代表 W杯の合宿地はスイス | Main | サッカー・ブラジル選手権も終盤になると、各チームに動きが出て来た。 »

terça-feira, 22 de novembro de 2005

ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その16 金庫強盗の犯人グループの容疑者の妻の誘拐犯

ブラジルの東北部セアラ州の州都フォルタレーザの中央銀行の支店で、史上第2位の銀行強盗が起きてもう3ヶ月以上が過ぎた。

銀行強盗に、銀行の金庫の内部情報を漏らした元警備員デウジマール・ネヴェス・ケイロスDeusimar Neves Queirozが逮捕されていた
その元警備員の妻マルリMarliが、フォルタレーザ市の内陸部で、先週の金曜日に誘拐されて、日曜日に解放されたという
誘拐犯人グループは、この元警備員夫婦が隠していた、銀行強盗の分け前を奪った。

警察はこの妻マルリを誘拐した犯人を割り出した。

警察Polícia Civilは、セアラ州フォルタレーザ市の中央銀行支店の元警備員デウジマール・ネヴェス・ケイロスDeusimar Neves Queirozの妻マルリ・ロドリゲス・クンニャMarli Rodrigues Cunhaの誘拐に加わった6人を割り出した。

彼らのうち少なくとも2人は、元警備員デウジマール・ネヴェス・ケイロスの甥である。

その甥の1人は警察の情報部によると、銀行強盗の主犯と見なされている通称アレマンAlemãoという本名ジュシヴァン・アルヴェス・ドス・サントスJussivan Alves dos Santosと関係があるという。

マルリは日曜日に拘束されて、警察によると彼女は嘘ばかり言っているという。
何度も矛盾に陥り、誘拐犯を知っている事を否定しているという。
spd20051122c

「彼女は、そこにいた誘拐犯を知っているから、誘拐犯に対する証拠と集める事に協力する事が出来るに違いない」と警察の刑事フランシスコ・クルゾーストモFrancisco Crisóstomoは言っている。

連邦警察によると、犯人グループは今内紛を起こしており、彼女は犯人グループの行方や8月に中央銀行支店から盗まれた1億64百万レアルを取り戻すために役に立つ情報を持っているという。

マルリは、2人の息子とともに誘拐され、隠していたお金を取られたあとに解放された。
彼女は、警察にお金があった事を知っていた事を否定した。
しかし、誘拐犯人は情報を持っていたと申し立てた。
しかし、この話は他の証人によって否定された。
証人は、彼女が甥の1人にその場所へ連れて行くように頼んだと言ったのである。

従兄弟の1人の訴えで逮捕されたあと、元警備員デウシマール・ネヴェス・ケイロスは24万レアルしか受け取っていないという嘘を付いていた。
この金で、彼は家とオートバイと借金の金利の支払いをしていた。

サンパウロでは、今日1人の警官が逮捕された。
中央銀行の強盗事件の犯人の1人で先月誘拐され殺されたフェルナンヂーニョ(本名ルイス・フェルナンド・リベイロ)Luis Fernando Ribeiroの件に関わっているという嫌疑である。
いままでに、3人が逮捕されているが、2名が警察で、1人は元の公証人である。

-------------------------
ますます面白い展開である。
小説化も、映画化も出来そうだ。

でも、これは事実である。

|

« サッカー・ブラジル代表 W杯の合宿地はスイス | Main | サッカー・ブラジル選手権も終盤になると、各チームに動きが出て来た。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルで史上第2位の銀行強盗発生 その16 金庫強盗の犯人グループの容疑者の妻の誘拐犯:

« サッカー・ブラジル代表 W杯の合宿地はスイス | Main | サッカー・ブラジル選手権も終盤になると、各チームに動きが出て来た。 »