« サッカー:2005年に観戦した一番心に残った試合 | Main | ブラジル・サンパウロの新年 その4 年越し »

sábado, 31 de dezembro de 2005

ブラジル・サンパウロの新年 その3 12月31日

2005年12月31日のサンパウロ。

朝から、散発的に、花火が鳴り続ける。

それ以外は、静かな街である。
車は、もう全く走っていないような感じである。

雲はでているが、晴れ。
気温は今日も30度くらいまで上がった。

14時過ぎに歩いてパウリスタ大通りに出かけた。
spd20051231a

パウリスタ大通りは朝から、そしてパウリスタ大通りと交差するコンソラソン大通りも、閉鎖されていた。
伝統の15キロのショートマラソンが行われるからだ。

女子は、15時20分頃にスタートした。
そして、ゴールは50分後くらいである。

おそらく2000人くらいはいただろう女子の一団が過ぎていくのを見て、パウリスタ大通りを更に進んだ。

年越しのカウントダウンが行われる会場ではリハーサルが行われていた。

更に進んでいくと、MASPの前になるスタート地点には、男子の一般参加の選手がすでに集まりつつあった。
MASPの下の広場では、招待選手が調整をしていた。
あのヴァウデルレイ・ダ・リマ選手も参加することになっていた。

大通りのあちこちに、柵が設けられていて、歩くのに時間がかかる

ゴール地点は、ガゼッタの前である。
女子のゴール時間が近くなりつつあったので、見ることにした。
一位は、セビリア・モンテネグロの選手であった。

ブラジル選手で最高位になった選手は4位の選手であった。

表彰式を見て、戻ることにした。
男子のスタートは、17時10分。

招待選手を先頭にして、とんでもない人数の参加者が過ぎていった。
最後の走者が前を過ぎるまでに15分くらいかかった。

このレースには、ユーモア参加も可能である。
仮装をした参加者も注目を浴びていた。

家に戻ってテレビを付けると、ちょうど男子のゴールのシーンであった。
1位の選手は、ブラジル人であった。

18時15分から、雷雨になった。
雹が降るくらいの強い雨であったが、20分ほどで止んだ。

19時からは、パウリスタ大通りのカウントダウン会場では、参加ミュージシャンの演奏が始まったようだ。
年明けの2時までは続けられるという。

こういう大晦日のサンパウロである。

|

« サッカー:2005年に観戦した一番心に残った試合 | Main | ブラジル・サンパウロの新年 その4 年越し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7937460

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの新年 その3 12月31日:

« サッカー:2005年に観戦した一番心に残った試合 | Main | ブラジル・サンパウロの新年 その4 年越し »