« ブラジル・サンパウロの天気の変化 | Main | サッカー・ブラジル選手権 「優勝の取り消し」の訴えの取り下げ2 »

sábado, 10 de dezembro de 2005

ブラジルの「復讐」の続き

先日、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで起きた市内バスへの放火事件
罪もない乗客が亡くなっている。

これが、「警察」への復讐というのである。

この事件に関係した者達が、続々と逮捕されているのである。


最初に逮捕されたのは、この事件の一番最初に登場した未成年の少女である。
手を上げて、バスを停めるのが役割であった。

この少女は、13歳である。

この少女は、公式にはブラジルにはいない。
出生証明書がないのである。
そのほかの公式書類も一切ない。

当然、学校にも行っておらず、字も読めず、書けない。

母親が与えてくれた名前はある。

この5人の乗客を焼き殺すのを手伝った少女の人生は、「道」から始まっている。

記者のインタビューに応じている。

「私の人生は悲しいことばかりだった。こんな風になるとは考えたこともなかった。人生では全てのことが起きた。
どれだけ傷ついたかわからない。 でも人生はこんなもの」

初めて道で食べ物を請うたのは7歳の時。
母親が女中のしごとを失い、7人の子供を養っていけなくなった。
9ヶ月後、母親は結核で死んだ。 42歳だった。
その間、一度も市の社会福祉援助を受けなかった。

生まれたのは、8月2日。
父親は、乳児の内にいなくなった。
父親について知っているのはそれだけ。

学校にも行っていなければ、字も習ったことはない。
食べ物を得るために、麻薬に関わった。

この事件の指示をしたといわれているアンデルソン・ゴンサウヴェス・ド・サントスAnderson Goncalves do Santos 、通称ロルヂLorde(29歳)と暮らすようになった。
彼に貰われた。
そして、伝言係をしたり、麻薬を包装したりした。

「事件については何も話したくない。泣いた後に、頭がとても痛くなった。後悔している。 でも自分の将来のことを考えたい。 違う人間になりたい。 福音派の教会に入りたい。他人によいことをしたい。 勉強して、医者になりたい」

他の6人とともに彼女はバスを焼くのを手伝った。
悪いことをするとは思わなかった。

「自分はとてもいい人間だ。 いままでに失業した人や病気の人の手伝いをした。 自分の望まなかったことをしたことをわびたい。 頭の中が混乱している」

「もし時間が戻せるならば、やったことをしない」。

何度も繰り返したことは、「今望むことは幸せになること」。

母親が死んだ後に自殺をしようとしたことがある。
住んでいるファヴェーラの崖の岩に昇ったが、怖くなった戻った。


サブリナ・アパレシーダ・マルケス・メンデスSabrina Aparecida Marques Mendes21歳が逮捕された。
彼女は、この事件を指示したロルヂの彼女。

spd20051209d

spd20051209g

カメラマンに囲まれて、嬉しかったのか、ポーズを作っていた。
ちょっと微笑んでもいた。
-----------------------------

この「小さな事件」に関係する人たちは、それぞれどれだけ「重い人生」を引きずっているのかと考える。

|

« ブラジル・サンパウロの天気の変化 | Main | サッカー・ブラジル選手権 「優勝の取り消し」の訴えの取り下げ2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/7567177

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「復讐」の続き:

« ブラジル・サンパウロの天気の変化 | Main | サッカー・ブラジル選手権 「優勝の取り消し」の訴えの取り下げ2 »